So-net無料ブログ作成
検索選択

スト魔女二次小説:水音の乙女 ~第1話~ [スト魔女二次小説]

新連載になります。
片いなか・ハイスクール第2部も連載途中にもかかわらずですが・・・

タイトルは「水音の乙女」。
これはスト魔女の二次小説です。スト魔女の世界観を引き継いだサイドストーリとなります。

スト魔女とはストライクウイッチーズのこと。有名なアニメ・小説・メディアミックス作品ですので、ここでは説明はいたしません。
ストライクウイッチーズは、今はもう閉鎖してしまいましたがSo-netブログ小説仲間の「かっぱさん」が好きだった作品で、それでTSOも影響を受けたものです。
全ての作品や資料を読んだわけではないので、設定などに間違いなどあるかもしれません。またあまりよく練って書いてないので、修正バックデートすることもあるかもしれませんので、その辺もご了承ください。

本作品は二次小説投稿サイトの「ハーメルン」にも同時掲載していきます。
不定期更新になりますが、本作品も宜しくお願いします。

では第1話からスタートです。



第1話「親友からの手紙」


「優奈から天音に手紙が来たよ!」

クラスのみんながわたしの周りに集まった。学校に届いた優奈からの郵便物に、わたしへの封筒があったのだ。
手にした手紙をじいっと見つめる。中身が見える訳でもないのに。
宛名は確かにわたし。丸っこい字体は間違いなく優奈のだ。開けるのが、怖かった。いや、彼女は元気だろう。分かっている。あの優奈がそうやすやすとくたばるわけがない。
でも、だからこそ、どんどん差が付いてしまうことに恐れている。

「開けないの?」
「あ?ああ、もちろん開けるよ」

かさかさと手紙を裏返した。封筒の封をしているのは錨のシンボルのシール。扶桑皇国海軍のマーク。その封に指を伸ばした。
優奈は中学に入って最初にできた友達だ。わたしの親友だ。毎日一緒に学校へ登校していた。それができなくなったのは、梅雨明けの少し前。
彼女は、選ばれたのだ。
封を開け、中身を取り出した。中には折り畳まれた便箋と、写真が入っていた。

「写真だ!」
「ええー?見せて見せて!」

わたしが見るより前に持って行かれてしまった。

「やぁ~ん、かっこいいー!」
「本当にがんばってるんだ」

きゃいきゃいとみんなの手に次々と渡り歩き、ようやく写真がわたしの元に戻ってきたのは7分後のこと。

やっぱり。

まったくもって元気にうまくやってるようだ。
そこにはいつもの彼女の元気な満面の笑顔が写っていた。どこの景色だろう、雪を被った山が後ろに写っている。そしてそこは外国の港のようだ。そこまでなら海外旅行のスナップ写真だったかもしれない。
ただ違和感が漂うのは、彼女の後ろに深緑色の巨大な軍用機が写っていることだ。それは扶桑海軍が誇る世界トップクラスの水上飛行艇、二式大艇だった。
便箋を広げる。丸っこい字が紙いっぱいに埋まっている。一応検閲されてるんだと思うが、女子中学生の丸文字とその文面は、読む方も一苦労だろうと思う。

『天音、元気にしてる?わたしは念願の機械化航空歩兵になったよ。みんなが思い描いているのとはちょっと違うかもしれないけど、空を飛んでる。空はすごい気持ちいいところだよ。』

ほらやっぱり。彼女はここでもその優秀さをいかんなく発揮しているんだ。
天音は窓から空を見上げた。

この空のどこかを、今優奈は飛んでいるんだ。・・凄いな。

最後の方に、わたしを気遣っての一言が添えられていた。

『天音の力が必要になる日がきっと来るよ。その時は一緒に人類を救おうね。』

これはまた大きく出たもんだ。でも、優奈は本当に人類を救う立場になったんだよね。
わたしは・・・選ばれなかったんだ。


続く

次の話


Copyright(c) 2009-2015 TSO All Rights Reserved


にほんブログ村 小説ブログ 漫画・アニメ二次小説へ
にほんブログ村
気に入ったらぽちっとしてください。


nice!(20)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 20

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。


☆☆ 災害時 安否確認 ☆☆




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。