So-net無料ブログ作成
検索選択
スト魔女二次小説 ブログトップ
前の10件 | 次の10件

スト魔女二次小説:水音の乙女 ~第11話~ [スト魔女二次小説]

第11話「推薦者」


新たな脅威、潜水型ネウロイが東南アジアの海に出現した。それはシャムロ湾からインドシナへと被害範囲を広げつつあった。

危険回避のため、インドシナ沖からシンガポールを通過する航路の船は出港を停止するか、ボルネオ島の東を大回りしてシンガポールに向かうか、ジャワ島のスラバヤを経由地として、スマトラ島とジャワ島の間のスンダ海峡からインド洋に出るようなルートを指示されている。その影響は、輸送コストの上昇と着荷の大幅な遅延。試算によるとおよそ1ヵ月後、欧州に到着する物資の量の激減で露になるという。
クロム、ニッケル、ボーキサイト、錫、ゴム、石油、木材などの資源。
香辛料や米、お茶、コーヒー、タバコ、砂糖などの食料。
そして何より、扶桑からの武器弾薬や人員の支援。
今更ながらに欧州は、その重要性を気付かされることとなった。

当初欧州の国々は、大西洋や地中海に同じような潜水型ネウロイが現れることを危惧して、情報収集のためにシンガポールへ調査団を派遣した。東南アジアで今現在も暴れている潜水型ネウロイの被害そのものには、地球の裏側の事件という遠い存在くらいに思っていた。
しかしそのネウロイを排除しないと、最悪扶桑が脱落するかもしれないということに気付いたのだ。

物量的には援欧州の大部分がリベリオンやノイエ・カールスラントなどから来ているとはいえ、少ないながらも扶桑は精鋭部隊・高性能の機材を送り込んでおり、扶桑がいなくなる影響は計り知れない。人類総力戦となっている戦いは、世界のどこのバランスが崩れても、うまく立ち行かなくなるのだ。


ちょうどシンガポールには各国が潜水型ネウロイについての調査団を送っている。メンバーの大部分は海軍の軍人だ。
ブリタニアとカールスラントは、調査団はそのままシンガポールで東南アジアの潜水型ネウロイの討伐について話し合うよう指示を出した。話し合いに応じたのはブリタニアとカールスラント、扶桑、リベリオンの4カ国。シィーニーの尋問が終わるなりすぐ開催されることとなった。



続きを読む


nice!(27)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

スト魔女二次小説:水音の乙女 ~第12話~ [スト魔女二次小説]

第12話「もう一人の推薦者」


北極圏基地支援任務を終え、母港に帰港間近の特設水上機母艦「神川丸」では、最後の豪勢な食事が出されていた。
優奈は下士官食堂で同僚のウィッチ、下妻千里とその豪勢な食事に舌鼓を打っていた。

「千里はこの後どうするの?」

静かにもくもくと咀嚼していた千里は、ごっくんと牛肉の塊を飲み込むと、これまた静かに答えた。

「艦上機に機種転換して、空母乗りでしょうか。水上機母艦だった千歳、千代田も空母に改装されましたし、リベリオンから護衛空母もそのうち届くと聞いています。引く手あまただと思います」
「そっかー。わたしは水偵乗りだから、利根型航空巡洋艦あたりに乗れたらいいなあ」

「神川丸」はこの航海を最後に海軍の徴用を解かれ、元の船会社に返されて商船に戻る予定だった。
リベリオンやブリタニアが商船改造の小型空母を大量に建造する体制が整い、世界的に水上機母艦の役目は終わろうとしていたのだ。水上機乗りは戦艦や巡洋艦の水偵要員として引き取られるか、通常の陸上・艦上ストライカーへ機種転換しつつあった。

「ところがそうはならんようだ」

そこにやってきたのは艦長だった。

続きを読む


nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

スト魔女二次小説:水音の乙女 ~第13話~ [スト魔女二次小説]

第13話「スカウト」


アリューシャンでの作戦を終えた特設水上機母艦「神川丸」は、無事横須賀港に帰投した。戻るなり最優先でドック入りすると、ただちに整備と補給が始まった。
航行中に所属が北東方面艦隊から南西方面艦隊南遣艦隊に変わり、神川丸艦長 有間大佐は北東方面艦隊司令部に作戦終了を報告すると、続いて南遣艦隊司令部に出向いて着任の挨拶をしに行こうとしていた。

「艦長。今回の補給で第428航空隊が新たに配備されます。新編成の航空隊です。内訳は零式水偵4機、零観3機」

一瞬艦に立ち寄ったところを、補給の指揮をしている副長にすかさず捕まえられた。

「しこたま積むんだな。うちの専属を加えたら最大搭載数だ。司令部はどんな作戦を考えてるんだ」
「それで、搭乗員だけ先に到着していて、挨拶しにこちらへ向かっているそうです」
「今か?面倒臭え。適当に相手しといてくれるか」
「え?会われないのですか?」
「どうせ後で嫌と言うほど会うことになる。それよりウィッチの補充はないのかえ?」
「今のところ聞いておりません」
「それはなおさら司令部に話をしに行かにゃあ。それじゃちょいと頼むよ」
「はあ。それでは貸しにしときますよ」


続きを読む


nice!(20)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

スト魔女二次小説:水音の乙女 ~第14話~ [スト魔女二次小説]

第14話「あの時の想い再び」


天音が横川少佐達と家に帰ると、仕事に行ってるはずのお父さんがもう家にいてびっくりした。
奥の部屋に通された横川少佐が挨拶を済ませると、さっそく本題に入った。
横川少佐は、ここ最近南シナ海で起きている出来事を説明し始めた。

・・・

東南アジアの海で水の中に潜むネウロイが初めて観測され、それによる攻撃があったこと。

それは決して遠くの出来事というわけにはいかない。実際に存在しなくても、いるかもしれないという恐怖だけで船の運航が支障をきたすこと。

海運がストップすると海洋国家である扶桑は国の存亡に係わること。

そしていまだブリタニア、扶桑の海軍をもってしても退治どころか、見つけることさえできないでいること。

・・・

「あなたの固有魔法なら、この危機を打開できる。私達はそう確信しているのよ」

天音はまだ不信がっていた。

「わたし、お魚は見つけられるけど、ネウロイなんて、見つけられるんでしょうか・・」
「試してみましょうよ」

続きを読む


nice!(18)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

スト魔女二次小説:水音の乙女 ~第15話~ [スト魔女二次小説]

第15話「5%の一人」


横川少佐は車の所で待っていた磐城に

「霞ヶ浦に連絡して」

と言うと、磐城は

「はい、であります!」

と元気に返事をして、車に積んであった無線機でどこかを呼び出した。

「15分ですぐ目の前の海岸にタクシーが来るであります。いつでも出られる準備をしていたそうであります」

横川が天音を見下ろして言った。

「それだけ優先事項ってことよ」

天音はポカーンとよく分からんといった様子で眺めるだけだった。

車なら自分達が乗ってきたのがあるのに。


続きを読む


nice!(24)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

スト魔女二次小説:水音の乙女 ~第16話~ [スト魔女二次小説]

第16話「腕試し」


横須賀に着くと、葉山少尉という二十歳過ぎくらいの若いお兄さん風の士官が待っていた。
接岸した二式大艇から横川少佐が降りるとき、その手を優しく引いて桟橋へ導いた。

「待たせてしまったかしら?」
「いいえ。思ったより早く説得できたんですね。こちらの準備は万端です」

磐城と天音はまるで子供でも扱うように、実際子供なのだが、ひょいと持ち上げられて桟橋に降り立った。

「いつもすまないであります!」
「君はよく転落するからねえ」
「あ、ありがとうございます」
「一崎さんですね?お待ちしていました」

続きを読む


nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

スト魔女二次小説:水音の乙女 ~第17話~ [スト魔女二次小説]

第17話「入隊!」


横須賀での試験から2日後。

いよいよ天音が扶桑海軍に入隊する日となった。
海岸には見送りに来た家族や親戚、学校の先生や友達、そして漁協の人達が集まっていた。

「天音にもいよいよこの日がやってきたね~」
「がんばるんだよっ。こっちのことは心配しなくていいから」
「うぇ~ん、もう天音にあんみつ奢ってもらえな~い」
「こらこら、さっそく心配のネタを作るでない」

お母さんも涙を浮かべている。お父さんは昨夜親戚の人達と一晩中お酒を交わして慰められていたので、もう開き直っていた。

「こうなったら天音!海の中のネウロイ、根こそぎ漁ってこい!一匹残らずだ!いいな!」
「あはは、わかったよう」

漁協の人達もなぜか泣いていた。

「これからどうすっぺ」
「これから間違いなく漁獲高は減少じゃ」
「生きてゆけるかのお~」
「おじさん達、今までさんざんインチキしてたようなもんなんだから十分でしょ。また漁の勘を研ぎ澄まさなきゃ」
「こりゃいかん。天音ちゃんに説教食らってもうた」

沖から轟音が響いてきた。水煙を上げてやってくるのは、またしても海軍の大型飛行艇。海軍は天音の迎えにまたもや飛行艇をよこしたのだった。やってきたのは主翼とエンジンが胴体から離れて支柱で支えられる形で付いている4発機、九七式飛行艇だった。

続きを読む


nice!(17)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

スト魔女二次小説:水音の乙女 ~第18話~ [スト魔女二次小説]

第18話「427航空隊」


事務的なことが終わると、天音は座学の教室のようなところに連れていかれた。
そこで待っていた士官が両腕を後ろ手にして天音の前に立った。

「私は霞ヶ浦航空隊司令、田所中佐だ。一崎天音君の扶桑皇国海軍への入隊を歓迎する」
「あ、ありがとうございます」

横須賀のときと違ってカチコチの硬い雰囲気に、天音は少々戸惑いを隠せなかった。

「君の階級はウィッチの原則に従い一等飛行兵曹だ。配属先は第427航空隊。所属は南西方面艦隊、南遣艦隊、特設水上機母艦『神川丸』である」
「は、はい・・。どこなのかさっぱり解りませんけど・・。航空隊ということは、わたしはここで飛ぶ訓練をするんですか?」
「いいや。君はこれから対潜水型ネウロイ駆逐部隊として、水中探査戦術研究を行ってもらう」
「??」

難しすぎて天音には何を言ってるのかさっぱり分らなかった。

「詳しくは横須賀教練隊の横川和美少佐から説明を受けるように」
「は、はい」

横川少佐が歩み出た。

続きを読む


nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

スト魔女二次小説:水音の乙女 ~第19話~ [スト魔女二次小説]

第19話「訓練始めます!」


教練服に着替えた天音と優奈は、学校の校庭のような運動場に現れた。
教練服、といっても学校の体操服のようなものだったので、端から見ると学校の体育そのものだ。そこで天音は、優奈に魔法で寒さや暑さなどから体を守る肉体強化方法やシールドの張り方を教わった。

「天音は普段でもシールド張ったことなかったよね」
「使う必要ないもの。わあ、優奈。魔法で体守ると、しっぽを水の中に入れてても、ふやけたり冷たくなったりしないよ」
「よかったね。たぶんこれからは漁の時の比じゃないくらい、1日中水の中を見てなきゃならなくなるだろうから、これできないと命にかかわるよ」
「南の方に行くって言ってたから、水は冷たくないだろうけど、ふやけるのどうしようかと思ってたんだ。ありがとう優奈」
「ウィッチとしては極基本のことだって。これで成層圏に行っても平気だそうよ。知ってる?501JFWのサーニャさんとエイラさんて、ロケットブースター使って3万メートルまで登ったんだって」
「本当?成層圏って空気ほとんどないんでしょ?そんなこと出来るんだ。スゴイね、ウィッチって。・・・やっぱり、優奈とはいっぱい差がついちゃったんだな」

天音は小さく呟いた。
優奈はにっと笑った。

「何言ってんの。どうせすぐ追いつかれちゃうんだから、少しは先にいさせてよ」


続きを読む


nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

スト魔女二次小説:水音の乙女 ~第20話~ [スト魔女二次小説]

第20話「第1次輸送作戦 その1」


香港には、扶桑とフィリッピンからヨーロッパへの積み荷を積んだ商船隊が集結していた。
HK01船団だ。
天音が扶桑海軍に入隊した日、HK01船団は扶桑、リベリオンの護衛艦隊に守られて、ネウロイが待ち受けているであろう南シナ海へ出航していった。


一方シンガポールのチャンギ港沖には、扶桑へ向かうSG01船団が終結していた。
この船団はブリタニア、扶桑の艦隊が護衛に付くと、香港発のHK01船団から1日遅れで出港した。


護送船団方式による第1次輸送作戦の開始である。



続きを読む


nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック
前の10件 | 次の10件 スト魔女二次小説 ブログトップ

☆☆ 災害時 安否確認 ☆☆




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。