So-net無料ブログ作成

<オリエンテーリング (14)> [片いなか・ハイスクール]

「片いなか・ハイスクール」連載第14回
<オリエンテーリング (14)>

-----

B班。
みんなはオレンジの炎が木の間から見えて大喜びしていた。

「もうちょっとよ!あそこにみんながいるわ!」
重いウォルトをジョンが抱え、イザベルをアロンが抱え、クリスティンをアンザックが抱え、ダーニャをシャルロットが抱え、カーラが先導する。アロンはその焚火の炎になんとなく異常を感じた。焚火が横に広がっている。
「な、なんか変じゃないか?、あの焚火」
しかし抱えられているイザベルは、そんなものを見るゆとりなどなかった。

-----

A班焚火地点。
駆け付けたレソフィックが吠えていた。

「ばっかか、勇夫!なんだ、このすごい量の杉の枯れ葉は!山火事にする気か!」
「緊急アピール用に集めといたんだ」
「これじゃ水足りねえよ!パウロ、薪を分散させろ!広げて踏み消すんだ!」
「あちちちち!」

レソフィックは持ってきた毛布を水で濡らして、小さく分散させた火にかぶせて窒息消火を始めた。

ドジ担任やリーダーも駆け付けた。
「うわー!C組の栄光を、事件起こしてふっとばさないでくれえ!」
「こんな盛大な火だったのか?!水たらないぞ!」リーダーもびっくりする。
レソフィックが叫ぶ。「リーダー!燃え広がらない程度に散らすんだ。それで個別に踏み消せ!」
「な、なるほど、わかった!おいキャリー、その辺の木の枝使って掻き出して散らばして!」

-----

B班。
先頭のカーラが気付いた。
「変だわ。近づいているはずなのに、焚火の炎が小さくなってく」
イザベルを抱えるアロンもそれを見ていった。
「何かやらかしたな」

-----

しばらくすると、周りにちらちらとオキ火が散乱する現場にB班が到着した。鎮火は成功したようである。
A班のほとんどがそこにいた。
「がんばれー!」
「あと300mよ!もう少し!」
ドジ担任が注意する。
「手、貸しちゃだめだぞ!ゴールするまで、応援だけだぞ!」
B班はみんな誰かしら担ぎながらで満身創痍である。手を貸すなというのはつらい。でも、手を貸したら完走にならないのだ。

勇夫が松明を持って応援していた。
「アロン、もうちょっとだぞ!」
アロンは懐中電灯で勇夫の顔を照らす。その顔はすすけて黒かった。
「何か・・・やったろ」
「うひ!」

A班はB班を取り囲みながら、声援を投げかけつつ一緒にゴールへ歩んだ。
「あと100m!」
「イザベル!がんばって!」
「クリスティン、もう少しの我慢!」
「ウォルト!歩けなかったら転がれ!」

いよいよゴールラインだ。
ゴール担当の先生たちが拍手している。

先頭のカーラがゴールラインに立った。そして振り返る。
その横にウォルトとジョンがゴールラインに立った。振り返って両手を広げた。
ダーニャとシャルロットがゴールライン前に座り込んだ。その横にアロンはイザベルを降ろした。
クリスティンとアンザックがジョン達の両手の中に入る。

「行くぞゴールへ!」
B班は顔を見合わせた。シャルロットが
「はやくー!」
と叫ぶ。
A班が一斉に掛け声をかけた。

「せーの!」

どどどっ。

B班はゴールラインに倒れこんで越えると、A班が「わああ!」と言ってその上に覆い被さるように抱きついてきた。B班の女の子は泣いている。

A班リーダーが雄たけびをあげた。
「うわおー!C組全員完走だー!」
わあーーー!
漆黒の空にみんなに歓声がこだました。


次回「入学式(1)」へ続く!

前回のお話「オリエンテーリング (13)」
☆☆ 「片いなか・ハイスクール」目次 ☆☆


Copyright(c) 2009-2010 TSO All Rights Reserved


にほんブログ村 小説ブログ 学園・青春小説へ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 1

TSO

第1章、オリエンテーリングの巻が終わりました!
連載14回になろうとは・・こんな長編になるとは・・

どこがラブコメだったんだ?

第1章完了を記念して、「RightWorld」をいっときメインブログに昇格します。パチパチ。

明日から第2章でやんす。
by TSO (2010-01-27 00:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0


☆☆ 災害時 安否確認 ☆☆




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。