So-net無料ブログ作成

<初登校日(2)> [片いなか・ハイスクール]

「片いなか・ハイスクール」連載第18回
<初登校日(2)>


「諸君、おはよう!このクラスを受け持つことになったダッジ・ダムだ。新入生の君達同様、僕も新米教師だ。お互い新米同士、一緒に一から勉強していこう。よろしく!」

C組担任になった新米教師はそう言うと、教壇のところに天井からぶら下がっていた紐をぐいっと引っ張った。
その紐の先には丸い玉があった。しかし紐に引っ張られて揺すぶられただけである。
一番前にいたチャンが
「それ、なんですか?」
と聞いた。

「あ、あれ?」

先生は困惑してぐいっぐいっと何度か紐を引っ張る。
ミシェルが「もしかして、それくす玉か?」と聞く。

「あ、あっはっはっは」(^^;

先生はばつの悪そうな顔をして、今度は力任せに紐を引っ張った。

すると、ぶつっという音とともに天井にとめてあったくす玉が外れ、力をこめて引っ張られた紐の勢いで加速して、ゴンっとかなり大きな音を教室に響き渡らせ、その玉は先生の脳天に勢いよくぶつかった。

「い、いってえー!!」
「ぶわはははは!」
「きゃはははは!」
教室は拍手喝采の大喜び。

ウォルトが涙を流して喜んで、
「わーははは!大ドジだ。ドジたんにーん!気に入ったぜ!!」
シャノンがぱちぱちと拍手して
「ドジたんにーん」
と呼応する。

新米教師のあだ名は決まった。


次回「初登校日(3)」へ続く!

前回のお話「初登校日(1)」
☆☆ 「片いなか・ハイスクール」目次 ☆☆


Copyright(c) 2009-2010 TSO All Rights Reserved


にほんブログ村 小説ブログ 学園・青春小説へ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0


☆☆ 災害時 安否確認 ☆☆




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。