So-net無料ブログ作成

<初登校日(3)> [片いなか・ハイスクール]

「片いなか・ハイスクール」連載第19回
<初登校日(3)>

教壇の上に置かれたくす玉が鈍く光るC組の教室。

全員揃っても窓側の左後ろの席は空いていた。レソフィックが担任に聞く。
「ドジせんせー。ここなんで空いてんの?」
「ちきしょう。初日数分でなんと不名誉なあだな・・一生の不覚をとったぜ・・。そこか?そこはキャリー・バルモアという女子の席だ。バスケ部優待生として入学した子で、187cmという長身の持ち主だ。始業式前から本校のバスケ部の春期合宿に参加中で、明日初めてこっちに来ることになっている」
「へー。そりゃでかい。それじゃ前のほうの席には座れないな」

「ところで、なんでお前ら3人そろって並んでるんだ?たしか知り合いだよな」
「え?連番だったんだよ。ちゃんとよく振って入れたのかぁ?」
「連番?おっかしいな。ちゃんと混ぜたのに・・まあいいや。それじゃお前ら3人で明日来るキャリーの歓迎の準備をしろ。朝のホームルームで連れてくるから」
「えー?!今日は放課後用事あるんだけどなあ」
アロンがぶーたれる。
「そういうことは1週間前に秘書に伝えてスケジュール調整してもらわないと」
と勇夫がありもしないことをいう。
「お前らの席と引き換えだ。やらないんならシャッフルしちゃおうかなー」
「えー?きたねー」

するとアロンの横にいた裕美子が手を上げた。
「あの・・私やってもいいです。・・女の子の歓迎だし、男の人が考えるよりはいいかなと思って・・・。教室飾ったりしていいんでしょうか?」
するとハウルが同調した。
「そーだよ。男に女の子の歓迎なんて、どんな的外したことするかわかんないわよ」
そして
「私もやる。あなたもやってみる?」
とハウルは自分の横の席のシャノンを巻き込み、さらに
「あとその人もやりたいって。推薦でそこの人も」
とクリスティンにカーラを有無を言わさず巻き込んだ。
「へえ、いいのかい?それはにぎやかでいいや。じゃあ頼むよ。勇夫達は別のときにこき使うとしよう」
「うぇ。ちゃんと秘書通してくれよ」

ひとまず一見落着した。
「すまん、ありがとう」
と3人は裕美子に手を合わせる。
裕美子はめがねを直して、
「なにか用事があるようですし・・高くつくかもしれないですよ」
と不気味に答えたのだった。


ハウル、カーラ、クリスティン、シャノン、裕美子の女子は、居残って担任の作ったくす玉を調べる。
クリスティンはうんうんうなりながらくす玉と格闘していた。
「つなぎ目がぜんぜん離れないわ。何でくっつけたのかしら」
それを覗き込みながらカーラが
「ドジ先生の頭に当っても割れないんだから、くぎでも使ったんじゃないの?」
と言うと、ハウルは早々に普通に開けることを諦めた。
「紐引いて割るのはあきらめて、思いっきり何かにぶつけて開くようにしようか」
ハウルは見かけによらず荒っぽい女の子であった。


次回「初登校日(4)」へ続く!

前回のお話「初登校日(2)」
☆☆ 「片いなか・ハイスクール」目次 ☆☆


Copyright(c) 2009-2010 TSO All Rights Reserved


にほんブログ村 小説ブログ 学園・青春小説へ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0


☆☆ 災害時 安否確認 ☆☆




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。