So-net無料ブログ作成

<初登校日(4)> [片いなか・ハイスクール]

「片いなか・ハイスクール」連載第20回
<初登校日(4)>

翌日。
紙テープ、紙リング、万国旗で教室はきれいに飾られていた。

教壇の少し入り口側に天井から頑丈そうな櫓が垂れ下がっている。
その櫓の出来はとても女の子がやったとは思えない。
一応櫓には紙で作った花や紙テープ等が伸びていて、見かけはごつくないようになっている。ただちょっと位置が低いように見える。
ハウルは至極満足そうだが、クリスティンはひどく心配な顔をしていた。


教室の外に担任とキャリーがやってきた。

ニコニコ顔の担任は勢いよく教室のドアを開けると、大きな声で
「諸君、おはよう!」
と叫びながら早足で入ってきた。
それに合わせ教室の全員が

パーン!

とクラッカーを一斉に鳴らす。
担任はクラッカーの話しは聞いてなかったので、それに驚いて飛び上がった。
するとなんと、担任は教室に入った勢いを保ったままジャンプして櫓に勢いよく頭をぶつけた。

バリっという音とともに櫓が天井からはがれる。

さらに担任は落下してきた櫓の下敷きになるとともに、くす玉の紐を体に引っ掛けた。
くす玉の紐が引っ張られると、教室の窓寄りの天井に張り付いていたくす玉の留め金が外れ、教壇付近の上を支点に紐で繋がれたくす玉が勢いよく、もと櫓のあった方へ落ちてきた。

まさに鉄球で建物を破壊するアレと同じだ!

キャリーと鉄球s.jpg
担任の後に続いてキャリーが教室に入ってきた。そして哀れ、絶妙のタイミングでくす玉はキャリーの額に見事命中した。
「ギャッ」
と悲鳴を上げるとキャリーは教室のドアから廊下に飛び出して、仰向けに大の字で倒れてしまった。

教室は大騒ぎ。

一斉に鳴ったクラッカーの音に驚いた隣のBクラスが教室から顔を出す。すると廊下に大きな体のキャリーが倒れているのを見て、
「銃声だ!発砲だ!撃たれて誰か倒れてる!」
と騒然となり、校舎を飛び出す生徒でパニックになった。

銃撃でないことがわかっているCクラスは、2人が倒れたことや、櫓とくす玉の仕掛けのことや、ドジ担任のことで騒然となっていたが、アロン達が
「とにかく医務室に連れて行こう」
と言ってようやく行動に移った。

教室にはいまだ割れないくす玉が転がっていた。


次回「表彰式」へ続く!

前回のお話「初登校日(3)」
☆☆ 「片いなか・ハイスクール」目次 ☆☆


Copyright(c) 2009-2010 TSO All Rights Reserved


にほんブログ村 小説ブログ 学園・青春小説へ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 1

TSO

連載20回あにばーさりー!

さらさらっとやってしまいました・・落書き、ヘタなのに・・。
ノッポのキャリーがぜんぜん描けてません。

「鉄球で建物を破壊するアレ」・・若い人は見たことないかもしれません。
これが活躍した最大の現場は浅間山荘事件でしょう。
生で見たかは定かでありませんがテレビ映像が目に焼きついています。
年代がバレますね。
少年サンデーで連載してた「DRIVE」でも活躍したお話がありましたね。

by TSO (2010-02-02 23:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0


☆☆ 災害時 安否確認 ☆☆




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。