So-net無料ブログ作成

<イザベルのお礼アタック(2)> [片いなか・ハイスクール]

「片いなか・ハイスクール」連載第24回
<イザベルのお礼アタック(2)>

数日後、帰り際に再びダーニャを運び屋にしてクッキーが渡された。

「はいこれ。イザベルの愛第二段よ。今度は本人に直接感想言ってあげてね。あ、そうそう勇夫、レソフィック!こんどはつまみ食い一切禁止だからね!」
横に並んでいる2人にダーニャは釘を刺すと去っていった。
「えー?こっぴどく疲れてるときは効きそうな甘さだったのに」とがっかりする勇夫。

するとA組の男がやってきてアロンに声をかけた。
「すまんが君、ダーニャさんの彼氏?」
「はあ?なんでよ」
「違うの?何か彼女にもらってたし・・・」
「ダーニャは他の人に頼まれて、俺にコレ持ってきただけだよ」
「そっか!悪かったな、変な問いかけして」
その男子は去っていった。

レソフィックがその後ろ姿を見ながら言った。
「知ってっか?ダーニャって他のクラスで人気あるらしいぞ」
「ほお」
「あいつ美女とよくいるだろ。美女はハードル高すぎるってんで、ダーニャ狙いの男が結構いるって話だ」
すっかりシャルロットには美女のあだなが定着していた。身長170cmの美女に160cm前後のダーニャのコンピは、上級生が1年生のフロアに様子を見に来たりするくらい、学校ではそれなりな存在だった。
「ふーん。確かに美女の横にいても霞んでないよな」
「だろ?普通に見りゃあいつも美人の仲間だぜ。だろ?」
レソフィックは今度は勇夫に向って言った。
「そうかなあ・・」
「レソフィック、こいつに聞くのは大間違いってもんだろ。中身小学生なんだから」
「なにー!?」


帰る途中、苦みの強いコーヒーを買って帰った。レソフィックと勇夫もアロンの家に上がりこむ。
「少しは食わせろよ」
レソフィックが袋の中身に興味津々である。
「わかったよ」

コーヒーを入れて準備が整うと、アロンはポリポリ食べてみるが、
「今度はあまり・・というかほとんど甘みない。極端だなあ。バターを練りこんだ乾パンみたい。食う?」
「もらい。・・・うーん。栄養ありそうだから遭難したときの栄養食には使えるな。どこで買ったか教わろう」
山好きの勇夫であった。が、アロンがフォローする。
「これ手作りだろ。砂糖入れ忘れただけじゃねぇの?」
「見かけはよくできてるんだけどなあ。それでアロン、どうだイザベルの評価は」
レソフィックはアロンの反応に興味つつな様子である。
「なんでお前が気にするんだ。なんだっていいだろ」
「照れるなって!」
「照れてねえよ。・・でもあの険のある顔からはちょっと意外だったな、手作りクッキーとは」
また一つ頬張りながら勇夫が言った。
「俺これでいいからまた作ってもらってくれ」
「自分で頼め!」


次回「イザベルのお礼アタック(3)」へ続く!

前回のお話「イザベルのお礼アタック(1)」
☆☆ 「片いなか・ハイスクール」目次 ☆☆


Copyright(c) 2009-2010 TSO All Rights Reserved


にほんブログ村 小説ブログ 学園・青春小説へ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0


☆☆ 災害時 安否確認 ☆☆




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。