So-net無料ブログ作成

<ダーニャの恋愛相談所(2)> [片いなか・ハイスクール]

「片いなか・ハイスクール」連載第28回
<ダーニャの恋愛相談所(2)>

数日後、アロンは例の黒いノートを持って廊下を行くダーニャの姿を見つけた。
角で立ちどまると、窓の外をながめて何か考えているようだ。窓の外の光を受けて、ダーニャの髪は妙に光って見える。
アロンはそばに行くと、ひょいとその黒いノートを取った。
「あっ、だめ!」
取り返しに飛びつくダーニャだが、それをひょいひょいと軽快にかわすアロン。こういった遊びにはなれているようである。
「これすごいこと書かれてるんだろうなー。落っことしたらえらいことだぜ」
「中見たらぶん殴るからね!!」
「情報の重さがノートの重さになって伝わってくるぜ」

すると後ろから気配を消してレソフィックが忍び寄り、アロンからそのノートをすばやく取り上げた。
「ちっ、俺の背後を取るとは、さすがレソフィックだ」
「アロン、それ多分しゃれになってねぇよ」
レソフィックが差し出したノートをひったくるようにダーニャは取り返した。ダーニャは息が荒くなっていた。
「わかってるよ・・目に付いたからちょっとからかってみたんだ。ごめんよ」

そう言うとアロンは、今度はレソフィックを親指で後ろ指指し
「わかったろ、こいつこんなやつだ。こうやって大人びてるんだ。大人びた振りしてるだけかもしれないけど」
一方レソフィックも腰に手をやって
「アロンは子供っぽいんだよ。でもこいつの場合わかっててやってるんだ。どこまでやったらいけないか見極めながらやるから、にくらしいんだ」
「二人ともお互いをよく知ってるんだね」
「まーな。長すぎる付き合いだし。もう一人勇夫ってもっと子供もいるけどよ」とアロン。
「あいつはとことん子供だよなー。見境なく子供だ」
レソフィックも応じ、けたけたと笑いあう2人。

「あっ!、ダーニャお前、俺の身辺調査レソフィックでやったな?」
「もしかしてダーニャ、俺のことアロンに聞いてるのか?」
「へっ、へへ」
ダーニャは引きつったような困ったような笑いを浮かべた。
「イザベルが来る前、こいつ俺のこと調べてた?」
ちらっとダーニャのほうを伺ったレソフィックだったが
「口外禁止って言われてたけど、もういまさらって感じだからいいよな。オリエンテーリングの後、お前のこと聞きに来たよ」
「依頼元がイザベルって知ってたのか?」
「それは知らんよ。イザベルだってわかってたら、やめたらって言ったかもしれない」
「それはどうして?」ダーニャが聞く。
「アロンはきっと自分の行きたいところへ彼女連れ出すだろうから、行動をともにできる人でないと。あいつじゃ体力足りないよ」
「こないだっから、なんでお前が俺の彼女の理想像を想像しなきゃいけねーんだよ」
「ありがとう、参考になったわ。メモっとこ」
ダーニャはしゃがんで黒いノートにメモを取り始めた。
「ちぇっ、秘密厳守で頼むぜ」
「ご心配なく」
アロンとレソフィックはメモを取るダーニャを残してそこを離れた。

「アロン、あいつが俺の身辺調査してたってことは、近々俺のところに誰かくるんだよな」
「ああ、まだ来てなかったのか。楽しみじゃん」
「こういうの来るってわかってて待ってるのってすげえ変だぜ。どんなのが来るかわかんないのに、かわいいのかブスなのか・・聞かなきゃよかった」
「なるほどねー。口外禁止ってのも意味あるんだな。ま、せいぜい楽しんで待つんだな。ひひひ」
「ちっきしょー」


次回「ダーニャの恋愛相談所(3)」へ続く!

前回のお話「ダーニャの恋愛相談所(1)」
☆☆ 「片いなか・ハイスクール」目次 ☆☆


Copyright(c) 2009-2010 TSO All Rights Reserved


にほんブログ村 小説ブログ 学園・青春小説へ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0


☆☆ 災害時 安否確認 ☆☆




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。