So-net無料ブログ作成

<俺の家は海賊(13):リー教授> [片いなか・ハイスクール]

「片いなか・ハイスクール」連載第42回
<俺の家は海賊(13):リー教授>

・・(すいやせん、ガキに逃げられました)・・
「なんだと、バカ者!それでは通報されるではないか!探して始末できんか!」
・・(近辺を探しましたが、見つかりませんでした)・・
「バカ者めが。・・・そこを撤収しろ!」

リー教授はいらついていた。

『舵はやはりダリルが持っていた!』

リー教授はレグラド・ラー号沈没時、奇跡的に助かり、近くの島に漂着した。なんとかK国へ戻ったが、原爆製造の秘密を持ち帰る役目を失敗し、リー教授のK国での立場は失墜した。
その後の人生はその挽回に費やされていた。

K国潜水艦の航路情報は、レグラド・ラーの追撃で被弾したボートと共に沈み、ことなきを得たが、『あの』重要情報はなんとしても取り返したい。そしてそれはラー号の舵に隠してあったのだ!

リー教授は沈没したラー号の捜索が任務となった。

しかしリーはあのときレミーノア号の追跡に夢中で、夜だったこともあってラー号の正確な沈没地点がわからなかった。
K国は民間船を装って何度かトラリス海峡近辺を捜査するが、ラー号を見つけられないでいた。

しかし最近とうとう発見することができた。

だが、肝心の舵は見つからなかった。というか、なかった!
操舵装置から取り外されていた。誰かが外して持ち去ったのだ。
考えられるのは一つしかない。沈没船を目当てにしていたダリルの船だ。

「ダリル・・・めざわりな奴。今度こそ引導を渡してやる」


次回「俺の家は海賊(14):レグラド・ラーの舵の秘密」へ続く!

前回のお話「俺の家は海賊(12):出港」
☆☆ 「片いなか・ハイスクール」目次 ☆☆


Copyright(c) 2009-2010 TSO All Rights Reserved


にほんブログ村 小説ブログ 学園・青春小説へ
にほんブログ村

nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 3

コメント 3

TSO

ヒロさん、いつもniceありがとうございます。
黄砂、すごかったですね。打ち上げ国の中国にも劣らぬ霞具合。

by TSO (2010-03-24 00:16) 

TSO

さて連載第42回は心なしかいつもよりアクセス数が多かった気がする。
レイトン教授と間違えたのかな?

前回海賊事件で主要メンバーが決定されると書きましたが、リー教授じゃないですよ。もちろんダリルさんでもありません。
言わなくてもわかるか。どうやってこいつらとラブラブするんだ。
#やりかねないキャラがC組にはいるっちゃいるんですが。

by TSO (2010-03-24 00:19) 

TSO

HAtAさん、niceありがとうござます。「学園版BBS」見たらスイカが食べたくなりました。

タケルさん、はじめまして。niceありがとうございます。白黒写真がぐっと来るのはなんででしょう。白と黒が持つ表現力?想像たくましい人間の脳みそ?


by TSO (2010-03-27 22:03) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0


☆☆ 災害時 安否確認 ☆☆




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。