So-net無料ブログ作成

<俺の家は海賊(29):じいちゃん助けて!> [片いなか・ハイスクール]

「片いなか・ハイスクール」連載第58回
<俺の家は海賊(29):じいちゃん助けて!>

物影から追っ手を確認していたカーラが
「まずいよ、倉庫にたどり着いたよ」
と教える。
リーダーが急かした。
「急いで!逃げよう!」

ダリルの仲間が警部に向って聞いた。
「警察は後どれくらいで来るんだ?」
「途中の道で派手な事故があったらしい。まだ10分はかかりそうだ」
ダリルの仲間の2人は半分怒って半分呆れた。
「冗談じゃねえぜ。何でそんなにかかってんだ」
「それじゃあ道端うろついてたらとっ捕まっちまう」

アンザックは電話をかけていた。
「じいちゃん、まずい状況だ。みんな脱出させて舵も取り返すことには成功したんだけど、ヘリは落っことされるし、警察はまだしばらく到着しないらしくて、それなのに海賊はもうすぐそこに来てるんだ。どっか隠れるところとかない?」
・・(さっきお前ら降ろした岩場へ来れるか?すぐ行くから船で拾い上げてやる)・・
「わ、わかった。さすがじいちゃん!」

アンザックはみんなの方に向き直ると
「さっき俺達が上陸したコリスタ鼻にじいちゃんが船を回してくれるって!そこへ逃げよう」
ダリルの仲間はパッと明るい顔をした。「コリスタ鼻?さすがキャプテンだ。深さあるとはいえ、あそこにワリルドノアを寄せるなんて並の腕じゃねえ」
アロンが走り出す。「じゃあ、道の方じゃなくて港の端へ」
ダリルの仲間が手招きした。「こっちからだ。倉庫から見えにくいルートで行こう」

港の端の突き出た岬。その上の灯台までみんなは登った。

アンザックが海の方を見下す。
「ワリルドノアだ!」
高台からはコリスタ鼻に接近するワリルドノアが見えた。


次回「俺の家は海賊(30):ワリルドノア座礁!」へ続く!

前回のお話「俺の家は海賊(28):レグラド・ラーの舵の仕掛け」
☆☆ 「片いなか・ハイスクール」目次 ☆☆


Copyright(c) 2009-2010 TSO All Rights Reserved


にほんブログ村 小説ブログ 学園・青春小説へ
にほんブログ村

nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 2

コメント 2

TSO

Ainoさん、niceありがとうございます。
こまめに来てるから新作の宣伝かな?と思ったら・・・

おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

きゃらくたーでざいん by Ainoさま
でマンガかアニメにでもしたくなりました!

すっげーーーーーうれしいです。!
あ、ここじゃなくてAinoさんのところに書きにいきます。
↓↓↓↓こちらまで
http://tanssitaan.blog.so-net.ne.jp/2010-04-08
by TSO (2010-04-09 00:54) 

TSO

今、コメント書き終わって戻ってきました。
はあー、描ける人がうらやましい。すばらしいです。
ぜひみなさんも片いなか・ハイスクールのキャラクター(designed by Ainoさま)を見に行ってください。
あのキャラクター達に負けないよう、小説の方もがんばっていきたいと思います。

しばらく塗り絵して楽しもう。(^^)

by TSO (2010-04-09 01:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0


☆☆ 災害時 安否確認 ☆☆




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。