So-net無料ブログ作成

<レソフィックの広報記事(5):それで、広報の記事は?> [片いなか・ハイスクール]

「片いなか・ハイスクール」連載第73回
<レソフィックの広報記事(5):それで、広報の記事は?>

さて、打合せの結果やいかに。
結局酒盛りになってろくな打合せにならなかったので、レソフィックは海賊事件の記事詳細をあきらめ、活躍メンバーの紹介で済ませることにした。


『海洋調査機構をも巻き込んだ海賊事件。
C組のアンザック・ボールデンの祖父とともに、C組メンバーが海賊どもを一網打尽にしたことは、片いなか地方紙の紙面を賑わした記事でもうご存じだろう。
今回はそのヒーローたちの分校での素顔をレポートする。』

アンザック:
海賊どもと真っ向勝負する英雄を祖父にもつ。が、本人は至って温厚で臆病、戦いは極力避ける男だ。しかし今回は周りがみんながバーバリアンばかりだったため、やむなく戦いの渦に巻き込まれた。任されたのは敵の引き付け役で、引き付けすぎてあやうく死にかけるという、いかにも捨てゴマ的存在を存分に見せた。終盤に捕鯨砲の銛を10秒で再装填したことを自慢げにしている。


ハウル:
ご存じ過激少女。食い意地は人一倍。突っ走り始めたら止めるのは至難の技。今回も高さ5mの荷物を一人で押し倒した他、海賊どもを作業車でなぎ倒してゴミ溜めに閉じ込めるというワンダーウーマンぶりを存分に発揮。


裕美子:
なぞのメガネ少女。おとなしいからと侮るなかれ。人質救出から海賊埋葬まで作戦を立案したのこそ彼女だ。頭のいい人を敵に回しては行けない好例。実はすごい料理上手。視力の悪さは天下逸品で、お化けが目の前にいても気付かなかった。メガネをとるとかわいいって噂がある。


カーラ:
活発そうな印象の彼女は、その通り、ご多分に漏れずバーバリアンの素質十分で、海賊をとっ捕まえるのに一役買っている。彼女の判断力のよさがなかったら、おとり役のアンザックはもうこの世にいなかったにちがいない。バリケード作成はおちゃのこさいさい、海賊どもの車をパンクさせるアイテムを即席で作るなど、まるで海兵隊の工兵のような特殊能力を持つ。そんな彼女だが、実はとってもシャイなので損している。しかしある液体を飲ませると、すごい大胆に変貌することが判明。


チャン:
C組を切りもりする、自信も決断力も自他ともに認められているリーダー。軍師裕美子の作戦を実践に移せたのはまさに彼の指揮あってだ。が、ある液体を飲ませると、すごいだらしなくなることが判明。そこにハウルが絡むとこんな変身することも。
(ぼかした写真で例のペインティングフェイス)


クリスティン:
この人の萌えは本物だ!彼女の姿を見ただけで海賊どもが一瞬我を忘れて行動を停止し、それに加えることインパクトあるバストをちらつかせて、さらに場を無視したセリフで異空間に誘いこむ。もはやこの人の萌え萌えに耐えられる人はおらず、一挙に戦意を喪失する。これに我々が助けられたのは一度や二度ではなかった。ホントだよ。


アロン:
いたずらっ小僧がそのまま大きくなった奴。武道の経験を生かして人質救出の実行部隊となり、海賊に対して実力行使を敢行した。これは成功したが、当然のごとく仲間の怒りを買って、しつこく追いかけられまくり、逃走中に岩の割れ目へ滑落して殉職しそうになった。このときもバーバリアンガールズに間一髪助けられ、命拾いしている。


勇夫:
中身小学生のまま年だけとってしまった奴。事件の始まりは奴が海賊に捕えられたことから始まった。絶えず最前線に身を置くヒットマンで、命をさらしてターザンの真似事はするは、鬼ごっこ感覚で縄抜けして敵陣から逃げるわ、ハウルと組んで海賊をゴミ溜めに放り込むわ、およそ常人の感覚は持ち合わせていないアホ。
ま、その功績あって海賊の先周りができたわけだ。


レソフィック:
超美男子、超優秀生徒。実戦部隊が臨機応変に立ち回って海賊をきりきり舞にさせたのはまさに彼のおかげだ。彼の入学によって分校は一目置かれるようになった。
これらC組メンバーに興味ある方は、C組恋愛相談所ダーニャ・ラミウスまで。


-----
「なんだあ、こりゃあ!!」


次回「リーダー相談する(1):リーダーの相談」へ続く!

前回のお話「レソフィックの広報記事(4):リーダーも変身?!」
☆☆ 「片いなか・ハイスクール」目次 ☆☆



Copyright(c) 2009-2010 TSO All Rights Reserved


にほんブログ村 小説ブログ 学園・青春小説へ
にほんブログ村


nice!(5)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 5

コメント 3

TSO

Ainoさん、xml_xslさん、takemoviesさん、dorobouhigesさん、niceありがとうございます。

「レソフィックの広報記事」の章、以上で終了です。
高校生のくせして飲み会の話ばっかでした。教育上よくないですねー。
最終話のレソフィックの寸評で、まったく誇張せずに事実のみが書かれているにもかかわらず、常軌を逸っしたのが一人・・・
そう、ハウルさんです。この娘、かわいーく書きたいんですけど、どうもうまくできません。はぁ。

by TSO (2010-04-30 23:08) 

ルピナス

みんな個性ありすぎですw
個人的にはカーラとハウルが好きですね
明るくて楽しい豪快な女性w
その勢いに男性陣が負けてる気がしますが(゜▽゜;)
このメンバーをまとめるのは至難の業ではないでしょうか?w

by ルピナス (2010-05-01 17:48) 

TSO

ルピナスさん、nice&コメントありがとうございます。
確かにこの女性軍には男性陣霞んじゃいますよねー。表現していけるのかも心配ではあります。
個性は書き足し書き足しして次第に濃くなっていきました。
というのは物語のためというより、参考にした友人や家族の友達を思い浮かべたとき、世界にひとつだけの花じゃないですけど、実際の世に存在する人達を見ろ、あんなに個性的じゃないか、それが人間なんだ、って思って、特徴出しに励んだんです。
おかげで主人公の影はすっかり薄くなりました。(^^;
作品としてはよくないことなんでしょうけどね。

キャラも気に入ってもらえてよかったです。本作も下書きはエンドまで一応完成しました。でもそうやって盛り上げてもらうと、また書き足しちゃおうかなって思ってきます。
ホント、ありがとうございます。今後も彼女らの活躍にご期待ください。
ほら、君たち一言言う?
「ハウルです。うふっ、好きだって。どうもありがとー。私は自分に正直なだけよ?」
「カーラです。私、豪快な人じゃないはずなんだけど・・ハウルと並べられたことにちょっとショックかも。。あ、でも応援してくれてとっても感謝してます。これからもよろしくね」

by TSO (2010-05-02 23:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0


☆☆ 災害時 安否確認 ☆☆




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。