So-net無料ブログ作成

<夏のエピソード前編(6):会わせてやる!> [片いなか・ハイスクール]

「片いなか・ハイスクール」連載第95回
<夏のエピソード前編(6):会わせてやる!>


美女が接近してきた。キスしてくる!

アロンは美女の口を手で止めた。

『と、止めた!かろうじて。ここから当初の計画通りに・・!』


13章_5_022挿絵s.jpg

「わ、わるい、俺には決まった人がいる」
止められたことに驚いた美女。
「え?」
「俺には決まった人がいるんだ。いくら美女が魅力的でも、浮気するわけにいかないんだ」
「なに?それ」
「は、話せば長くなるんだが・・故郷に残してきたおさななじみと、約束してるんだ」
「なぁに、そのメルヘンチックな言い訳は」
「め、メルヘンチックで悪かったな!俺はメルヘンでいっぱいな男なんだよ」
「おさななじみって、いくつ?いつ約束したの?」
「えーっと、お、同い年・・ここ数年会ってないんだけど・・」
「じゃあ中学入ったころくらいのときの約束?あはは、もう1回確かめた方がいいよ。乙女の心なんてふわふわ流れるもんよ。今ごろ気が変わってるかもよ」
「そ、そんなことねえよ」
「だとしても・・」
また顔を近づけてきた。アロンは顔が醒めやらない。

「手の届くところにいるのはあたし。近くにいるあたしの方がだんぜん有利だからね」
「お前、口説くのうますぎだ・・。でも!だめだな」
「どうして?」
「この夏、久々に会って確かめることになってる」
「会うの?いつ?」
「みんなで夏休みに出かけようとしてるだろ?ちょうどあの時さ。」
「どこで会うの?」
「えーっと・・、ダリ・ビーチ・・だったかな?」
「なんだ、みんなで出かけようとしてるところと同じじゃん。会わせてもらおうか。その許嫁に」

「は?!、同じところ?!」

「直接会って、話してやるわ。わ・た・し・の・も・の・って」

「あ、会えないとおもうけどなあ」
「どうして?まさか男だったりして?」美女は面白そうに返した。まるで余裕である。
「男なわけねぇだろ!わかった、会わせてやる!美女に負けねえくらい美人なんだ!・・いや・・美人になったと・・思うんだ・・・(トーンダウン)」
「白黒つけてあげるわよ、迷わないように。それまでお預けね」

『まずい、まじーよ!会わせるって言っちまったよ』


次回「夏のエピソード前編(7):どうする?どうする?」へ続く!

前回のお話「夏のエピソード前編(5):美女、口説く」
☆☆ 「片いなか・ハイスクール」目次 ☆☆



Copyright(c) 2009-2010 TSO All Rights Reserved


にほんブログ村 小説ブログ 学園・青春小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
にほんブログ村


nice!(4)  コメント(3) 
共通テーマ:コミック

nice! 4

コメント 3

ケンケン@

アロン、うらやましいなあ(笑)

私もイラストが上達したくて、意地で毎日描いてます(笑)
でも手抜きで済ます事が多いので、全然上達しません(^^;
TSOさんのように小説やしっかりしたイラストを描ける人を目指してます~
by ケンケン@ (2010-06-22 21:45) 

TSO

ケンケン@さん、copperさん、niceありがとうございます。

ケンケン@さん、コメントありがとうございます。
とんでもございません、ケンケン@さんのイラストはツボを捉えていてすごいと思います。ワタシはあんな時事ネタで絵は描けません。

アロン君の対応、男としてはどうなんでしょうねえ。もったいない気もしますねえ。
by TSO (2010-06-22 23:25) 

TSO

xml_xslさん、c_yuhkiさん、niceありがとうございます。

by TSO (2010-06-26 07:44) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。


☆☆ 災害時 安否確認 ☆☆




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。