So-net無料ブログ作成

<学内ライブ(6):ユーリ、美女を制す> [片いなか・ハイスクール]

「片いなか・ハイスクール」連載第140回
<学内ライブ(6):ユーリ、美女を制す>


さて、デートと称して落ちあった2人。休憩中にさっそくひと悶着なりそうだった。

「ところでメガネになんて言われて、今日デートなんて誘う気になったの?」
「美女が無茶な申請出してるから相談に乗ってやってくれって」
「むちゃな~!?」
「学校外のバンド呼ぼうとしてるんだって?」
「私のいつものバンドメンバーだけど?いけない?」
「うちの生徒のための学内ライブだからなー。そりゃ抵抗あるだろう」
「だって聞いた?うちの学校に存在するバンドの演奏。いくら田舎とはいえ、あんなレベルじゃ、私ぜんぜん引き立たないわ」
「たまには他の人を引き立ててみたら~?」
「どうして私がへりくだるような事しなきゃならないの、冗談!」
「そんなだから、他の人が霞んじゃうんだよな」
「あのね、考え方を変えてよ。私がパワーを落として周りに合わせてもつまんないのよ。パワーをぶつけ合ってお互いが引き立つってのが理想でしょ」
「ああ、なるほどね・・それは正論だな。でもそういう相手ってそうそういないだろうから、かなーり難しそうな注文だな」
「学内ライブに関しちゃ、私のいつものバンド!決まり!」

勝手に結論出されたところで、アイスコーヒーで一息入れる。
パワフルで相手してるだけでかなり疲れる。
ハウルも相当パワフルだが、こんな疲れ方はしない。どうにも相性があわないようだ。




しばらくアイスコーヒーで充電すると、次の話題に行った。

「おまえさあ、本気で俺と付き合おうって思ったのか?」
「だってフリーみたいだったじゃん。カーラとかまとわり付いてたけど、恋人でもなさそうだし」
「カーラか・・」

アロンは裕美子ともめてる関係者をもう一人認識した。
『カーラと小泉も友達だったのに、今の2人には重荷になってるな』

「他にもずいぶん人気者になったじゃない。だいたい私の誘いを断ってくるなんて思いもしなかったわ」
「すげえ自信。なるほど、人気者になった俺を腰袋にぶら下げて歩いて、見せびらかしたかったんだ」
「・・・はっきり言うわね」

アロンはふんぞり返ってアイスコーヒーを飲みながら美女を凝視する。美女も。そんなことで目線をずらすような女ではない。

「俺を振り回す奴が世にいてもいいけど、美女じゃない」
「なんですって?」
「付き合うなら長く続く人がいいよ。さっき美女も言ってたけど、お互いが引き立つのが理想だって。わかるだろ、一緒にいて。俺達はお互いを引き出すには、力の方向にずれがあるじゃん」
「ふん、ゆうこと聞いてくれないやつだとは思ってたけどね!」
「わるいね。あ、でも今日はちゃんと相談に乗るよ、ライブの話」
「なんか策あるの?」
「俺がどうこうできるわけじゃないけど、助けっとを探しておいたよ。もうすぐ来るかな」

もうすぐ現れたのは裕美子だった。
「め、メガネ?!」
「美女さん、うまくいってますか?」
「腹立つ~!わかってるくせに!」
「もう一人連れてきてます。ユーリ・ラトキンさん」
「こんにちは、君がうわさの美女さん?」


ユーリも加わって4人で美女のライブについての話が始まった。

「ユーリさんは本来生徒会の方なんですけど、実行委員側にも入っていて、全体の演出を取り纏めているんです」と裕美子が紹介した。
「で?何曲歌わせてもらえるのかしら?10曲くらい?」
「それは無理だ、君だけのライブじゃないんだぜ。一応今の出場者数では1グループ3曲を目安にしてる」
「え?たったそれだけなの。がっかりだわ。ところで、バンドメンバーは私のいつもの連中でやりたいんだけど」
「それなんだ、うちの生徒じゃないんだろう?」
「うちの学校にどれほどうまいのがいるっての?私の可憐なるステージに釣り合うだけのバンドがいるなんて聞いたためしがないわ・・・いっとくけど、マジである程度のレベルいるよ」
「ずいぶんな自信だな」
「普段からなんにでも自信過剰ではあるが、歌は実際ずば抜けてすごいよ」
アロンが美女を援護する。裕美子もうんうんとうなずいた。
「でしょう?アロン。さすがだわ、判ってるのねぇ」
「でも基本的にうちの学校のライブだからねえ・・」
「いっぺん聞いてみるといいわ。練習でもいいからいっぺん見に来て見なさい。見てみりゃうちの学校のバンド連中、恥ずかしくってみんな辞退するわよ」
「でも俺一人じゃ決定できないよ。実行委員の大半が認めないと・・・。どうしようかな・・・。じゃあ、いい日を言ってくれるかい?」
「いつでもいらっしゃ~い、だいたい週2回やってるから。かるーく感激させてあげるわ」

自信はあるとはいえ、かなりなめた態度であった。真剣だったユーリが怒る。

「・・・おい、ざけんなよ。仮にもうちの学校のイベントに部外者を呼ぼうってんだ。みんなにぐうの音も出ないくらいやらねえと、そんなわがまま通ると思ってんのか?!本気でやる気なら本気でプレゼンしろよ!」

さすがの美女もびくっとした。ユーリはかなり本気らしい。

美女はちょっと縮こまって手帳を確認すると、
「20日がいいわ・・18時からよ」
と神妙に答えた。
「来週の20日?わかった、ちょっと委員のみんなの都合聞いてみるから」
とユーリは立ち上がった。電話をかけに行ったようだ。

ユーリがいなくなったところで美女が口を開く。

「何よあいつ、偉そうに」
「いや、実際偉いんです」と裕美子。
「へへ、珍しい、迫力負けしてやんの」とアロン。
「か、からかわないでよね!」
「美女さん相当に無茶な注文してたのに、取り合ってくれてますね」
「無茶!?裕美子、あんたが言いだしっぺね!?どうりでアロンがさらりときついことゆうと思った!」
「美女さん、ユーリさんは冗談にしてませんよ。ちゃんと答えてあげようとしてるじゃないですか」

美女がめずらしく赤面しながら答えた。

「・・・わかってるわよ」


次回「学内ライブ(7):でこぼこが合う人」へ続く!

前回のお話「学内ライブ(5):まずは美女から」
☆☆ 「片いなか・ハイスクール」目次 ☆☆



Copyright(c) 2009-2010 TSO All Rights Reserved

にほんブログ村 小説ブログ 学園・青春小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
にほんブログ村


nice!(9)  コメント(2) 
共通テーマ:コミック

nice! 9

コメント 2

TSO

bitさん、kuzeさん、HAtAさん、無人運転が続いてる中、いつもniceありがとうございます。
次回は挿絵を考えていたんですが、間に合わないかも~。そしたら下書き絵のまま載せちゃうかも~。
by TSO (2010-10-22 23:36) 

TSO

xml_xslさん、ほちゃさん、タッチおじさんさん、やまさん、ケンケン@さん、niceありがとうございま~す。
by TSO (2010-10-24 20:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。


☆☆ 災害時 安否確認 ☆☆




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。