So-net無料ブログ作成

<12月(4):金曜日(その1)> [片いなか・ハイスクール]

「片いなか・ハイスクール」連載第167回
<12月(4):金曜日(その1)>


金曜日である。
いつものように勇夫が帰宅を誘った。

「アロン、帰るかー?」

でも今日は裕美子と一緒に帰るとした日である。

「わりー。今日は小泉と帰るから」
「あ・・・そう。お大事に」
「なんだそりゃ」

クラスのみんながめいめい帰ったり、遊んだりする中、帰り支度を終え、ハウル達にあいさつを済ませると裕美子がやってきた。

「おまたせ。帰りましょうか」
「おう」

アロンがそう返事すると、裕美子はメガネを外してケースにしまった。

「あれ?外しちゃって見えるの?」
「今しがたコンタクト付けました。アロン君にはサービス」

アロンはほわーっと顔を緩ませて裕美子を見た。

「行きましょう」

二人は並んで教室を出ていった。



「今日は、宿題出ませんでしたね」
「出なかったね」
「・・・」
「出なくってよかったじゃん」
「・・・でも・・用事がなくなっちゃった」
「何の?」
「アロン君のうち行く用事・・」

月曜の約束のことだ。でも行くには口実が必要らしい。

「ああ、月曜行かなかったことで?別に無理して来なくったっていいけど」
「もう帰る?」

いつものようにあまり感情なく淡々とそういうことを言う。この辺はメガネは関係ないようだ。どんな顔して言ってるのかよく見とけばよかった。本心ではあるまい。

「せっかく早くふけたのに・・、もう少し一緒にいない?」

裕美子が顔を上げてこっちを見た。そして口元を少し微笑ませて返した。
「そうですよね」

顔を正面に戻したが、その顔は、はにかむように控えめな笑顔で機嫌よさそうである。やっぱりメガネがないと微妙な表情も見れて判りやすい。2人きりのときは極力メガネとってもらおう。

「せっかく晴れてるから、少し歩こうか。・・・ポタ山の展望台まで」
「はい」


次回「12月(5):金曜日(その2)」へ続く!

前回のお話「12月(3):月曜日(その3)」
☆☆ 「片いなか・ハイスクール」目次 ☆☆



Copyright(c) 2009-2011 TSO All Rights Reserved


にほんブログ村 小説ブログ 学園・青春小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
にほんブログ村


nice!(9)  コメント(1) 
共通テーマ:コミック

nice! 9

コメント 1

TSO

ねじまき鳥さん、takemoviesさん、HAtA.さん、bitさん、xml_xslさん、kuzeさん、Shin.Sionさん、niceありがとうございます。
by TSO (2011-01-11 23:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。


☆☆ 災害時 安否確認 ☆☆




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。