So-net無料ブログ作成

<消化試合の過ごし方(4):年末年始も決定!> [片いなか・ハイスクール]

「片いなか・ハイスクール」連載第173回
<消化試合の過ごし方(4):年末年始も決定!>


そこへ向こうからドリンクバーのお替りにやってきたのはミシェルだった。

「なんだ、やっぱり大騒ぎしてたのはハウル達だったか」
「おーす、ミシェル。なぁに、私らそんなに目立ってる?」
「賑やかな声がよく聞こえたぜ」
「そっちは誰といるんだ?」

アロンが聞いた。

「ジョン、アンザック、美女、イザベル、シャノン」
「いつもそんな組み合わせだっけ?」
「たまたまな。冬の旅行の話してるんだ」

ハウルがまた目を見開いた。

「旅行?ミシェルといえば旅行だね。夏もそうだったけど、冬も守備範囲なの?」
「年越しでスキー・スノボって案が出てるんだ。ニューイヤーをゲレンデで迎えようって」

ハウルがまた立ち上って叫んだ。

「のったー!!まぜて!いやーん、急にこの冬が楽しくなってきちゃったわあ!」
「ま、まじ?ハウルがいるとなだれが起きそうな気がする・・」
「夏、宿とってあげたでしょう?まさかあの恩を忘れたわけじゃ・・」
「わ、わかった。相談してくる!」

ミシェルは急いで席に帰っていった。


「あの夏の宿、えげつない取り方したのか?」

ミシェルの慌てっぷりを見て、アロンが不安げに聞く。

「別に?タイミングを逃さなかっただけよ。だからなんであたしが絡むとえげつなくなるのよ」
「わからなくもないわねえ」
「あらゆる手段を使って確保するって感じがな」

ハウルをよく知るクリスティンと勇夫もそれにならった。

「あなた達も行くのよ。有無を言わさず」

ハウルはアロンやレソフィック達をぐるりと指さして言った。

「え!」
「あ、あのー、ハウル。年末年始旅行するとなると、クリスマスは金かからないようにしてもらいたいんだけど・・」
「ああ、あんたら一人暮らし組は貧乏だもんね」

カーラがすぐ助け船を出した。

「誰かの家で持ち寄りパーティーでもいいじゃない。軽く作るでもいいし。裕美子のケーキだけちゃんと用意してさ」
「そうよね。別にどっかのお店でやらなきゃってこともないし。裕美子ん家はどう?」

ハウルが裕美子に聞いてみた。予想もしてなかった事態に裕美子は慌てた。

「わ、わたしの家?!」
「7、8人がドワ!って入って大丈夫ならだけど。アロン家でもいいけど?レソフィックんちと同じ間取りでしょ?」
「い、家の人に・・聞いてみます」
「明日には判るわね。じゃ、こっちはいったん回答待ちってことで。ミシェルの方はどうなった?」


次回「クリスマスと誕生日とNew Year(1):裕美子んち集合!」へ続く!

前回のお話「消化試合の過ごし方(3):まずはクリスマスが決定!」
☆☆ 「片いなか・ハイスクール」目次 ☆☆



Copyright(c) 2009-2011 TSO All Rights Reserved


にほんブログ村 小説ブログ 学園・青春小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
にほんブログ村


nice!(7)  コメント(1) 

nice! 7

コメント 1

TSO

takemoviesさん、HAtA.さん、bitさん、くぼたんさん、xml_xslさん、kuzeさん、ncieありがとうございます。
相変わらずのむじんくん運転ですみませんです。
by TSO (2011-01-30 22:10) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。


☆☆ 災害時 安否確認 ☆☆




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。