So-net無料ブログ作成

<クリスマスと誕生日とNew Year(1):裕美子んち集合!> [片いなか・ハイスクール]

「片いなか・ハイスクール」連載第174回
<クリスマスと誕生日とNew Year(1):裕美子んち集合!>


クリスマスイブ。
マンションの玄関まで迎えに行った裕美子は、みんなを引き連れて来た。

「おじゃましまーす!」
「いらっしゃい。本当にたくさんいらしたわねえ。どうぞあがって」

裕美子のお母さんが喜んで出迎えた。
「おじゃましまーす」
男女が入り乱れて上がり込む。
ぞろぞろと人数も去ることながら、荷物もすごい量である。

「すみません、大人数で押しかけちゃって。いいだしっぺのハウルです」

ハウルが一同を代表してペコリと挨拶をした。

「あなたがハウルさん?いつも裕美子がお世話になってます。お話はよく聞いてるわ」
「げっ。ろくなこと言われてないのでは・・」
「わ、わたしハウルとは長い付き合いのクリスティンです。彼女けっして悪い人じゃないんです。遠慮がなくて飾り気がなさすぎて、いらないところで馬鹿正直なだけなんです。どうか、どうか誤解しないでください」

あいさつもそこそこに直ちにクリスティンがフォローに入った。クリスティンは相当昔からこんなことをやっているのだろう。もはや条件反射の域である。

「?。裕美子はいつもハウルさんのおかげって感謝してるわよ?ありがとう」
「ほ、ほんとう?裕美子、お世辞でもうれしいよ!」

ハウルが裕美子の方に向かって首を伸ばして言った。一方、

「ハウルが認められる日が来るなんて・・」

ハウルの横ではクリスティンが目頭を覆いそうになる。


奥へ向かう集団で、男の子が一人、ちょっと緊張した面持ちで立ちどまった。ちらっと裕美子を見る。

「あ、お母さん。あの・・クラスメイトでお隣の席の・・アロン君です」

『ここにいるのみんなクラスメイトなんだけどなー。ちゃんと紹介しなくていいのかな?』

アロンはきちんと挨拶するつもりだった。

「こんにちは。裕美子さんとお付き合いさせてもらってます、アロンです」
「あら、あなたが?」
「き、聞いてますか?」
「うふ、ちょこっとね。いらっしゃい。いつも裕美子の相手してくれてありがとう」
「い、いい人でしょ?いこ、アロン君」

慌てふためいて裕美子がアロンを引っ張って奥へ連れて行った。

「へえ、裕美子、普通の女の子と変わらないわ。よかった、予想以上にうまくやってるみたいで」


次回「クリスマスと誕生日とNew Year(2):クリスティン打たれる」へ続く!

前回のお話「消化試合の過ごし方(4):年末年始も決定!」
☆☆ 「片いなか・ハイスクール」目次 ☆☆



Copyright(c) 2009-2011 TSO All Rights Reserved


にほんブログ村 小説ブログ 学園・青春小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
にほんブログ村


nice!(8)  コメント(1) 
共通テーマ:コミック

nice! 8

コメント 1

TSO

くぼたんさん、takemoviesさん、xml_xslさん、HAtA.さん、bitさん、kuzeさん、タッチおじさんさん、むじんくん運転の中、niceありがとうございます。
by TSO (2011-02-04 22:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。


☆☆ 災害時 安否確認 ☆☆




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。