So-net無料ブログ作成

<クリスマスと誕生日とNew Year(5):明日?> [片いなか・ハイスクール]

「片いなか・ハイスクール」連載第178回
<クリスマスと誕生日とNew Year(5):明日?>


ソファーに座りながらアロンはメールを打っていた。
そしてラジオの時報が0時を告げると、送信ボタンを押した。

『本当の誕生日おめでとう』

「誕生会もイヴのパーティーと一緒にやっちゃったけど、本当は今日だからな。裕美子のことだからもう寝てるだろうけど」

しかし意外やすぐに返事が返ってきた。

『ありがとう。今、これる?』

「・・・どういう意味だ?裕美子の家に今来いってことか?日付変わったし、次ぎ会うときはアレするんじゃ・・」

とりあえず返事を打つ。

『まだ起きてたの?行ってもいいよ』

その返事もすぐにやってきた。一言。

『来て』

アロンはそのメールの返事を見て顔が赤くなった。

「朝までも・・待てないってことかな?だとしたら・・それにしても大胆な・・・」

アロンは厚着をしてバイクで裕美子の家に向かった。




外の気温は一段と冷えていた。透明な空気は星を瞬きもさせず、それがまた空気の冷たさを一層引き立てていた。しかしウインタージャケットにオーバーパンツも履いて、完全な冬装備のアロンは、この程度の気温はなんでもなかった。
なお風をもろに浴びるバイクでの体感温度は、通常の気温より10度は低くなる。

裕美子のマンションに着くと、来客用の駐車場にバイクを止めて裕美子にメールした。

『今マンションの下にいるよ』

メールの返事はなかったが、代わりに玄関に裕美子が現れた。パジャマ姿でカーデガンを羽織っている。どんな顔で出てくるんだろうと思ったが、至って普通だ。いや、メガネの奥はうれしそうである。

「ごめんなさい。わたし、馬鹿なことしちゃって・・」
「呼んでくれてうれしいよ」
「バイクで来たの?寒かったでしょう。上がって?」

玄関あたりでちょっと会うだけかと思っていたので、家に上がれと言われたのにはびっくりした。だって家族がいるだろう。

「え?でもそれは・・」
「あんまり賑やかだったから、疲れてみんな寝ちゃってる。大丈夫よ」

裕美子は恥ずかしげにアロンの手を取ると、手を引いてエレベーターへ引っ張っていった。
裕美子の手は、とても温かく、やさしく、やわらかだった。


次回「クリスマスと誕生日とNew Year(6):プレゼント」へ続く!

前回のお話「クリスマスと誕生日とNew Year(4):明日来てね」
☆☆ 「片いなか・ハイスクール」目次 ☆☆



Copyright(c) 2009-2011 TSO All Rights Reserved


にほんブログ村 小説ブログ 学園・青春小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
にほんブログ村


nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:コミック

nice! 8

コメント 2

TSO

xml_xslさん、くぼたんさん、HAtA.さん、bitさん、いつもniceありがとうございます。
by TSO (2011-02-11 22:18) 

TSO

あいか5drrさん、kuzeさん、りたーむさん、タッチおじさんさん、いつもniceありがとうございます。
by TSO (2011-02-13 22:47) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。


☆☆ 災害時 安否確認 ☆☆




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。