So-net無料ブログ作成

<入寮(3):食事当番> [片いなか・ハイスクール]

東日本大震災被災地がんばれ!

----------

「片いなか・ハイスクール」連載第197回
<入寮(3):食事当番>


1月13日、水曜日。
学校。


めずらしく美女の方から裕美子のところへやってきた。

「あんた寮に入ったんだって?」
「はい。・・あの、聞いたんですけど、美女さんも最初寮に入ったそうですね?」
「入学当初ね。ダーニャはもっと近いところに家があったから電車で通ってるけど、私、家から出て通うことにしてたから。でもとてもいられなくて1週間で出ちゃったわ。今は姉貴のところに居候してるのよ」
「どうして出ちゃったんですか?」
「あんたは平気?私はあそこの雰囲気、とてもじゃないけどいらんないわ。寮管といい、上級生どもといい」
「・・・やっぱりそうですか。わたしもまだ一晩過ごしただけですが、いい思いがしません」
「でしょ?私はお勧めしないわよ、あんなとこ」

30章_3_01挿絵s.jpg


放課後。
アロンは隣の裕美子に声を掛けた。

「裕美子、俺道場だから帰るよ。今日はもう寮に帰るの?」
「いきなり食事当番なんですよね・・。でも、17時までに帰ればいいから、カーラさんと図書館に行くことにしてます」
「そう。早く慣れるといいね」




女子寮。
裕美子は17時に寮に戻って台所へ行ってみたが、誰もいなかった。
一緒に食事当番だったハズの2年生の部屋に行ってみた。

「あの・・すみません。今日食事当番ですよね?」
「ああ、あんたに任せるわ」
「え?来たばっかりで、何したらいいか勝手が全然わからないですけど」
「7時くらいまでに食べるものができてりゃいいのよ」
「献立は?管理人さんを手伝うんじゃないんですか?」
「寮管?あいつならこの時間パチンコだよ。食事はあたしらで考えて作るの。次当番のとき何作るか考えておいて、材料申告しておくと前の日の当番が買っておいてくれるから、それで作るってのが決まりよ」
「それで、今日は何作ることにしてたんですか?」
「あたし日本の食材が好きで、豆腐頼んであるの。ダイエット食だし」
「お豆腐?へえー。それでそのお豆腐はどうするんですか?」
「そのまんま出せばいいんじゃない?」
「冷ややっこ?季節的にはまだ湯豆腐の方がいいのでは・・」
「なあに?ユドーフって。そのまま食べる以外の調理法方知らないから、やっぱ頼むわ。作り方わからないならそのまま出せばいいよ。パンは常備してあるし」
「冷ややっことパンですか・・日本じゃ考えられない献立ですね」


もう一度台所に降りてきた裕美子は、冷蔵庫や食糧棚を見て食材をチェックした。

「・・・パンよりご飯がいいです」

と、自分が食べたいものを作ることにして、炊飯器でお米を炊きはじめた。
豆腐は玉ねぎのスライスと一緒に麺つゆで煮、とき卵をかけて半熟状態にすると、どんぶりに盛ったご飯に乗せ、最後に缶詰のグリーンピースを飾って、豆腐卵丼完成。

「受験生の夜食みたい」

そういいながらできたてをパクつくと、他の人の分をどんぶりに盛ってラップをかけ、配膳棚へ並べると部屋へ戻った。


次回「入寮(4):もう一人の1年生」へ続く!

前回のお話「入寮(2):寮の様子」
☆☆ 「片いなか・ハイスクール」目次 ☆☆



Copyright(c) 2009-2011 TSO All Rights Reserved


にほんブログ村 小説ブログ 学園・青春小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
にほんブログ村


nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:コミック

nice! 7

コメント 2

TSO

あいか5drrさん、xml_xslさん、bitさん、くぼたんさん、takemoviesさん、niceありがとうございます。
by TSO (2011-04-30 23:20) 

TSO

後から挿絵を追加しました。今回は細いペンで描いてみました。
いつも大人っぽい美女が妙に歳相応になってしまったのはなぜでしょう?
by TSO (2011-05-01 02:34) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。


☆☆ 災害時 安否確認 ☆☆




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。