So-net無料ブログ作成

<入寮(6):自主作成ルール> [片いなか・ハイスクール]

東日本大震災被災地がんばれ!

----------

「片いなか・ハイスクール」連載第200回
<入寮(6):自主作成ルール>

1月15日、金曜日。
学校。


「アロン君、頭大丈夫ですか?」

後ろから聞こえた裕美子のその問いを聞いたダーニャが振り返った。

「どうしたの?とうとうアロンの頭、パーになっちゃったの?」
「違うよ!昨日道場で勇夫とちょっと調子に乗っちゃって、壁際で投げをやられて頭をぶつけたんだ。5分ほど気失っちゃってさ。今日午後休みとって、道場の知り合いの病院行って検査してくるんだ」

さすが男子である。悪ふざけも命がけだ。

「だ、大丈夫なの?」
「平気平気。万がーで行くだけだから。記憶も飛んでないし。そんなわけだから裕美子、今日は一緒に帰れないよ、ごめんよ」

裕美子もそれほど心配はしてないようである。

「学校終ったらお見舞いに行きますね」
「寮の方は今日は大丈夫なの?」
「食事当番ではないので、夜7時までに帰ればいいです」
「門限きついわねー。全然遊び行けないじゃない」



午後。アロンは午前で早退した。

昼休みの終わりごろ、リーダー格を含む2年生の寮生3人がC組にやってきた。

「小泉さんいる?」

ハウル達のところにいた裕美子は呼ばれて廊下に出てきた。

「あんた明日いる?洗濯当番やってほしいんだけど」

聞いたとたんにいやな感じがして、とっさに答えた。

「週末は実家に帰るつもりなんですけど・・・あの、洗濯当番て、なんですか?」
「文字通り洗濯する係よ。みんなの洗濯物をまとめて洗って干す係。今週は1回もまだやってないから、1週間分たまってるのよね」
「い、1週間洗濯してないんですか?7人分?」
「珍しかないわよ。干し終わったら取り込んで、団欒部屋に置いとけばいいのよ。たたむ必要はないから、あとは各自で取りにいくから」

裕美子の部屋でたばこ吸おうとした娘がその後を続けた。口が寂しいらしくキャンディをくわえている。

「実家帰るんじゃしょうがないね。カミラにやってもらうか。じゃあ今晩はカミラと卒業待ち女だけ?夕食の用意はいらないね」
「あれ?あんたは今日、寮どまりじゃなかったっけ?」
「気が変わった。あの2人とじゃつまんないじゃん」
「じゃあこの足で1年B組寄って、カミラに命令しに行こう」
「小泉、そんな係も持ち回りであるから。覚えといてね」

『持ち回り?それもいつも同じ人に押し付けてるんじゃないの?洗濯はもともと各自がやるものだろうから、きっと生徒側で決めたルールね』

3人は隣のB組へ向かった。

『確かにルール作る側には居心地いいのかもしれないけど・・きっと他にも変なルールあるんでしょうね』

裕美子は寮管と上級生が好き放題にルールを決めてやっている寮の仕組みを垣間見て、心に決めた。


次回「同棲(1):決意」へ続く!

前回のお話「入寮(5):改善要求」
☆☆ 「片いなか・ハイスクール」目次 ☆☆



Copyright(c) 2009-2011 TSO All Rights Reserved


にほんブログ村 小説ブログ 学園・青春小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
にほんブログ村


nice!(10)  コメント(3) 
共通テーマ:コミック

nice! 10

コメント 3

TSO

xml_xslさん、bitさん、節電野郎さん、くぼたんさん、HAtA.さん、あいか5drrさん、rebeccaさん、niceありがとうございます。
by TSO (2011-05-07 22:22) 

TSO

ねじまき鳥さん、Ainoさん、niceありがとうございます。Ainoさんお久しぶりで~す。
by TSO (2011-05-09 20:27) 

履歴書の作成

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
by 履歴書の作成 (2012-01-31 10:34) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。


☆☆ 災害時 安否確認 ☆☆




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。