So-net無料ブログ作成

<同棲(6):初夜(3)> [片いなか・ハイスクール]

東日本大震災被災地がんばれ!

----------

「片いなか・ハイスクール」連載第206回
<同棲(6):初夜(3)>

31章_4_031挿絵s.jpg




「・・・えっち」

上目遣いで裕美子ににらまれた。


31章_4_032挿絵s.jpg 31章_4_033挿絵s.jpg 31章_4_034挿絵s.jpg 31章_4_035挿絵s.jpg


「へへ、一応確認しておいただけ」
「あわてなくたって、そのうち・・・いやだわ、わたし」
「そのうち・・ね」

『今度の俺の誕生日でいいんだっけ?』

いつぞやか交わした曖昧な話を思い出した。

「あ、今日は絶対ないですからね。期待しても。その、生理中なので・・そうだ、ソファーに何か敷いておかないと汚しちゃうかも。どれ敷いとこう・・」
「生理中・・なんだ」

アロンは顔を赤らめた。

「・・なんだか、大変そうだね」

裕美子は答えなかった。アロンは食器を洗いに行った。


だいたい荷物整理が終わったらしい裕美子が台所にやってきた。

「アロン君、ごめんね、食器洗い」
「いつもやってることだから。これは持ちまわりかい?今のうちに先風呂入っていいよ。うちバスタブあるからお湯張ってもいいし」
「そ、そう?・・・あの洗濯どうしよう。着替えたのっていつ洗ってます?」
「・・2,3日に1回かな。そんなに汚れもの出ないし。でも裕美子がそうはいかないよね、きっと。交代で毎日?」
「交代・・ですか」
「パンティー洗ってもらうのが恥ずかしかったりして?へへへ」

アロンが顔を緩ませて変な笑いをした。

「すごくいやです。その・・特に今は」
「ふーん。女の子と生活するのって大変そうだ・・。一通り生活のサイクルが一巡するまで、どうやってったらいいのか勝手がわかんないね。15,6年でなんか男女の違いっていつの間にか開いてたんだね」
「うん。テスト前だから余計なこと考えないようにって思ってたんだけど、これじゃ生活するだけで落ち着くのに時間かかりそうですね。甘かったかしら」
「何が障壁だろう。男女の違い?恥ずかしさ?」
「慣れちゃえばなんてことないんでしょうけど・・・」
「エッチなんて考えてる暇ないね」
「もう・・・・残念ですね、がっかりした?」
「まあ今でなくても、約束してるし・・いいんだよね?」
「え、え?」

裕美子にとぼけられた。

「い、いいから早く風呂行きなって!」
「ありがとう。じゃ、お先に。・・あの、覗いても楽しくないですよ?きっと。だからだめですよ」
「見ないって!」


次回「同棲(7):お風呂上り」へ続く!

前回のお話「同棲(5):初夜(2)」
☆☆ 「片いなか・ハイスクール」目次 ☆☆



Copyright(c) 2009-2011 TSO All Rights Reserved


にほんブログ村 小説ブログ 学園・青春小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
にほんブログ村


nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:コミック

nice! 8

コメント 2

TSO

絵(マンガ?)はここまでです。正味3ページ。背景まではとても手が回りません。やはり1枚イラストにすべきでしょうか。
怪しい会話とともに最初の夜はまだ続いたりします。
by TSO (2011-05-16 22:32) 

TSO

あいか5drrさん、くぼたんさん、意馬心猿さん、HAtA.さん、bitさん、xml_xslさん、niceありがとうございます。
by TSO (2011-05-18 22:47) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。


☆☆ 災害時 安否確認 ☆☆




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。