So-net無料ブログ作成

<バレンタイン(8):何かありそうでない夜> [片いなか・ハイスクール]

東日本大震災被災地がんばれ!

----------

「片いなか・ハイスクール」連載第227回
<バレンタイン(8):何かありそうでない夜>


バレンタインの日の夜。アロンの部屋。

「裕美子、今日はありがとう」
「いいえ。喜んでもらえて、よかったです」
「それにしても、裕美子っていろいろよく知ってるよね。チョコも手作りだもんなあ」
「そんなこと、ないですよ。だってチョコも簡単だったでしょ?溶かして、形を作り変えてるだけですから」
「でもいろいろトッピングしたり、中に入れたり・・入れるものも工夫してるし、ケーキみたいのも作ってたじゃん。何度かやったことあるんだよね?」
「まあ・・昔、暇な時間でいろいろやったから・・でも本当に今日のは簡単バージョンですから」
「あれで簡単バージョン?お母さん仕込みだっけ?中学のときの裕美子ってどんなだったのかなぁ」

アロンが裕美子のそばに歩み寄ろうとしたら、

「あ、きょ、今日はお風呂、わたしからでいいんでしたっけ?・・先入りますね」

裕美子は少し慌てたように自分の衣装ケースの方へ着替えを取りに行くと、お風呂場へ直行してしまった。



後番のアロンが風呂から出ると、裕美子はもう寝室に引っ込んでいた。でもドアは開いたままだ。
アロンはドアのところからベッドの方を覗いた。
裕美子はまだ寝てなかったようで、気配を感じたか布団からゆっくり顔を出した。

「・・どうしたの?」
「うん・・今日、おやすみのキス、しなかったなぁと思って・・」
「あ、そう・・ですね」

むくっと体を起こすと、ベッドに横を向いて座った。しかし立ち上がることなくそのまま暗闇でじっとしている。首だけがアロンの方を向いて見ていた。来いってことだろうか。動いたほうがいいのか迷っていると裕美子が口を開いた。

「今日、チョコ、あげてよかったです。なんか、この気持ちを再確認できたみたいで・・」

寝室の入り口に立って中に向いたままアロンもそれに答えた。

「俺もうれしかった。わかってるつもりだったけど、やっぱうれしいかったよ。・・こうやって何度も確かめ合って、もっともっと好きになってくんだね」
「うん。・・・好きって、上限ないんですね。わたし、前よりあなたが・・」

そこまで言って裕美子はうつむいてしまった。

「へへ。俺も、前よりもっと好きになった」

そう言ってアロンが部屋に入ろうとしたら、裕美子が慌てて立ち上がった。

「アロン君、そこにいて。わたしが行くから」

そしてドアのところまで来ると

「目、つぶって」

と静かに言った。

「はい」

アロンは目をつぶった。
裕美子の顔が近付き、すぐ近くで止まった。目をつぶっていても呼吸でわかる。裕美子は一呼吸おいて、唇をくっつけた。5秒ほど静かにくっついていると、離れた。
アロンは目を開けた。
顔を赤くして立ってる裕美子が・・かわいい・・。

「裕美子・・今夜そばにいちゃダメ?」
「え?・・あ、ダメ・・。あの・・まだ生理終わってないの・・ごめんね」
「そ、そっか」
「ごめんね。・・おやすみ」

アロンはにこっとして部屋を出た。
が、好き度がアップしたというのに、これはなかなかつらい。
そしてまた、もやもやしたままソファーに横になるのだった。


次回「バレンタイン(9):やっちゃいました」へ続く!

前回のお話「バレンタイン(7):バレンタイン当日」
☆☆ 「片いなか・ハイスクール」目次 ☆☆



Copyright(c) 2009-2011 TSO All Rights Reserved


にほんブログ村 小説ブログ 学園・青春小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
にほんブログ村


nice!(13)  コメント(1) 
共通テーマ:コミック

nice! 13

コメント 1

TSO

あいか5drrさん、bitさん、xml_xslさん、綾小路曽根斗麿さん、こさぴーさん、rebeccaさん、toramanさん、F−USAさん、やまさん、shin.sionさん、akechiさん、くぼたんさん、たくさんのniceありがとうございます。
by TSO (2011-08-18 20:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。


☆☆ 災害時 安否確認 ☆☆




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。