So-net無料ブログ作成

<バレンタイン(9):やっちゃいました> [片いなか・ハイスクール]

東日本大震災被災地がんばれ!

----------

「片いなか・ハイスクール」連載第228回
<バレンタイン(9):やっちゃいました>


その晩。真夜中。
草木も眠る丑三つ時というのに、がばっとソファーから飛び上がったのはアロンだった。

低い声で唸ったと思ったら、ぎこちなく布団から這い出た。そして裕美子の寝ている部屋に忍び足で入っていった。



寝室に入ると、静かにクローゼットを開け、真っ暗ななか目検討で適当に中のものを引っつかんで、再び忍び足で出て行くとバスルームへ向かった。



洗面所のところにいたアロンに、ふいに声がかかった。

「アロン君・・・どうしたの?」
「うわ!!」

何の物音もせず後ろから裕美子が現れたので、アロンはすごいびっくりした。

「さっき、お部屋へ来なかった?・・あれ?お洗濯ですか?」
「は、ははは・・ちょっとね」
「パンツ・・わたし平気ですよ?洗うの・・っていうか。今まで洗ってたよね」

アロンはパンツとスウェットのズボンを洗っていた。
アロンは真っ赤になって

「い、いやあ、ちょっと今回は・・」
「・・おもらし、ですか?」
「ガ、ガキじゃあるまいし、しねーよ、おもらしなんか!」
「ふ、ふーん・・」

なんだか気まずい雰囲気が漂う。
少ししてアロンが口を開いた。

「・・・裕美子のスキンシップって、ソフトだよね。なんか真綿に触れるみたいに。今日なんか特に・・」
「え?そう?」
「でも裕美子はそれで十分なんだよね」

ひょこっと顔を上げてアロンを見つめた。少しずつ頬がピンクになっていった。

「・・わたし達、アロン君のご両親にも約束したし・・ちゃんとけじめ付けないとと思って・・」
「・・・そうだよね」
「あ、あの・・」

裕美子がアロンの腕に手を置いた。

「アロン君・・大好きです。すごく、すごく・・。今日、もっと好きになった」
「俺もだ。ありがとう」

裕美子は横に首を振った。

「でも、そしたら、もっとアロン君とくっつきたいって、思っちゃって・・」
「そうなの?」
「だから、アロン君がちゃんとわたしを守ってくれてるのに、放っておいたら・・きっとわたしから、壊してしまうような気がして・・・」
「裕美子が?そんなことないよ。でも何?本当は、体、預けちゃおうかななんて、思うの?」
「・・・わたしは、初めての彼氏で、お互いに好きあってて、それなのに一緒に住んじゃって・・・ち、近くにアロン君の体温感じるだけでもう・・・それだけでももう、結構満たされるの・・」
「そうなんだ」
「だけど、今はそうだけど、好きが強くなったら、それじゃ足りなくなるよね。キス、気持ちいいし・・だからこの先、怖い。けじめをつけることは、わたし達を認めてもらう前提なのに・・」
「裕美子は真剣に考えてたんだね。ごめん・・・それに比べりゃ俺が夜中起きるのなんて悩みにもなんねえな」
「・・あの、今のアロン君、もしかしてそのせいで何か不調が?」
「い、今の俺は、気にしないでくれ!」

アロンは思い出したように洗い終わったものを絞ると、それを持って洗面所を出た。
そしてそのままベランダに行って物干しに吊るした。



アロンが戻ってくると、裕美子はソファーのところにいた。
アロンが使っていた毛布を体に巻きつけている。窓を開けたから部屋に冷たい空気が入ったせいもあろう。
メガネをしないままの裕美子がやや心配な顔で見ていた。

「アロン君・・何かあった?あの、言ってくれた方が、わたし安心なので・・」

アロンは真っ赤な顔になって黙っていたが、しばらくして呟くように言った。

「・・・夢精した」

うーむ、裕美子とうとう言わせてしまった。しかし本当に知らないの?

「・・?ムセイ?・・ってなんでしたっけ?」
「後で・・調べて。大丈夫だから」

手を差し伸べて裕美子を起こすと、毛布を巻きつけたままの裕美子を寝室に導いた。
ベッドのところで毛布を取ると

「好きだよ、おやすみ」

と言って裕美子をベッドに入れた。代わりに裕美子が被っていた毛布を肩にかける。毛布には裕美子の香りが付いていた。今夜はこれでいいや。裕美子と一緒に寝てるみたいだ。
部屋を出て行こうとしたら、裕美子がキスをしてくれた。いつものやさしい口づけだ。といっても他に知らないんだろうから、これが今精一杯の愛情表現なのだ。
名残惜しそうに離れるとベッドに戻って行った。

今一番好きな人がそばにいる。お互い好き合っていることに疑うことは何もない。だから、今は裕美子との生活を守ることの方が大事だ。
結局のところどんな程度であれ、もやもやは消せないのだとアロンは悟った。


次回「ダーニャの保健体育(1):1日遅れのバレンタイン」へ続く!

前回のお話「バレンタイン(8):何かありそうでない夜」
☆☆ 「片いなか・ハイスクール」目次 ☆☆



Copyright(c) 2009-2011 TSO All Rights Reserved


にほんブログ村 小説ブログ 学園・青春小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
にほんブログ村


nice!(12)  コメント(1) 
共通テーマ:コミック

nice! 12

コメント 1

TSO

xml_xslさん、ぼんぼちぼちぼちさん、あいか5drrさん、bitさん、節電野郎さん、くぼたんさん、綾小路曽根斗麿さん、shin.sionさん、りたーむさん、てるせさん、F−USAさん、niceありがとうございます。
by TSO (2011-08-20 23:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。


☆☆ 災害時 安否確認 ☆☆




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。