So-net無料ブログ作成

<牛丼騒動(3):精神ダメージ> [片いなか・ハイスクール]

東日本大震災被災地がんばれ!

----------
「片いなか・ハイスクール」連載第233回
<牛丼騒動(3):精神ダメージ>


教室に戻りつつ裕美子は考えた。あの廊下で聞かれたことをいいように解釈されたとすると、ハウルへの変な噂に色を付け加えてしまったことになる。味方陣営からの裏切り。それでハウルが裕美子を怒ったのだ。
こういう場合いじめてる側は、いじめられている側についた子も攻撃対象になる。たとえそうであっても裕美子はハウルの味方だ。だが当人のハウルが裕美子を味方として見てくれないとなると、裕美子は孤立してしまう。当然ハウル側につくであろうクリスティンやカーラからも仲間とみなされず、さらにもしかすると個別にA組から攻撃を受けるかもしれない。
裕美子はパニックになった。

窓の外から救急車のサイレンが聞こえてきた。窓の方にいた美女とダーニャが見下ろす。

「あれ、イザベルじゃない?」

ええ!?っと、どどっとみんなが窓の方に駆け寄った。
保険の先生が付き添って、担架に乗せられて救急車の中に消えていったのは確かにイザベル。救急車はとんぼ返りで学校の敷地から出て行った。



窓辺は背の高い人垣で外など見えそうになかったから、小さなシャノンは最初から自分の席を立つことなく遠まきに様子を見ていた。そのシャノンのところに真っ青な顔をした裕美子がようやくという感じでたどり着いた。
そしてがばっとシャノンの肩を掴むと怯えた声で言った。

「シャノンさん、わたし達お友達?」
「な、なに?巻き込まれて一緒に蹴られるのやーよ」
「見捨てるんですか?!お友達だと思ってたのに!」
「だってハウル、力あるから蹴られたら相当痛そうだしー」
「蹴られそうだったらわたしが受けます。蹴られてもいいです。でもハウルさんに嫌われるのはイヤ!」

裕美子がシャノンにしがみついた。

「どうしちゃったのよー。あ、アロン、こいずみが変なんだけどー」
「どうしたの?」

アロンを視界に捉えた裕美子はタックルするように突っ込んでいった。

「ゲフッ!なんだ、どうしたの?」

裕美子はアロンの溝落ちあたりに顔を押し付けて、か細い声で答えた。

「どうしよう、ハウルさん怒らせちゃった・・・ハウルさん、イザベルさんまで手をかけて・・」

続いてシャノンに向かって言った。

「イザベルさん、死んじゃうの?」
「えー?死にはしないんじゃないかなあ」

そしてまた顔をうずめると押し黙ってしまった。

「はあ・・。ハウル本当に牛丼屋行ってたんだな。それにしてもA組も噂とかそういうの容赦ない連中だよな」

しかしいつもなら少々のことじゃ顔色も変えないのに、裕美子のこの動揺はどうしたことだろう。ハウルだけじゃなくイザベルも気に掛けている。前にも妙な反応をしたときがあったな・・なんだったっけ?
アロンの胸の中で裕美子がぶるぶるっと震えた。

「裕美子、・・・何が心配?俺は裕美子の味方だよ」

潤んだ顔を上げた。か細く震えた声で言った。

「ハウルさんに嫌われるの、嫌・・・・イザベルさん死んじゃ嫌・・・ハウルさんがいじめられてる・・このままじゃハウルさんが、ダメになっちゃう」

本気で心配しているようだ。確かに大変な事態ではあるが、ひとつ間違っていることがある。

「ハウルに嫌われてはないだろう?さっきのは誤解が入ってる。裕美子はハウルをからかいに行ったわけじゃないし、そんなつもりもまったくなかった。ハウルが置かれている状況も知らなかった。だからこれはちゃんと説明すればハウルは判ってくれるよ」

そう言いながらアロンが裕美子の頭をなでていると、少し落ち着きを取り戻したようである。ぎゅっとしがみついていた腕の力がゆるくなり、しばらくして体を離した。



-----

その日の夜。
後番の裕美子は過去最短記録の15分で風呂を出てきた。髪はぜんぜん乾いてなく完全な真っ直ぐストレートで、しかもパジャマのボタンの残り半分を締めながらというのもこれまた初めての記録である。そしてそのままアロンに寄りすがった。
まだ乾いてない髪が冷たい。そ、それに、二の腕に当たる柔らかだけど張りのあるこの感触は、もしかして裕美子の胸・・?

「アロン君、今夜、一緒に寝てください・・」
「え、ええー?」
「大丈夫です。わたし、変なことする気ぜんぜんないですから」

そ、それは残念だ。
い、いや!そうではなくて、誘った理由は色事ではないってことだ。
しかし大丈夫って言われても裕美子、下着は?今日はパジャマの下はTシャツだけのように見えるんですが・・その服の上から見える形はなんとなく・・

「せ、せめて髪は乾かしてきてね」
「あ、はい・・」


夜中、裕美子は時々うなされているようだった。
確かに色事で一緒にいたかったわけではなかったようだ。

昼間の不安を・・引きずっている。


次回「牛丼騒動(4):ハウル反撃」へ続く!

前回のお話「牛丼騒動(2):いやがらせ」
☆☆ 「片いなか・ハイスクール」目次 ☆☆



Copyright(c) 2009-2011 TSO All Rights Reserved


にほんブログ村 小説ブログ 学園・青春小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
にほんブログ村


nice!(7)  コメント(1) 
共通テーマ:コミック

nice! 7

コメント 1

TSO

xml_xslさん、HAtAさん、あいか5drrさん、copperさん、(。・_・。)2kさん、こさぴーさん、??さん、niceありがとうございます。
by TSO (2011-09-19 23:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。


☆☆ 災害時 安否確認 ☆☆




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。