So-net無料ブログ作成

<第2部:第6章 レソフィック宅の宴会(7):待ち合わせ> [片いなか・ハイスクール]

東日本大震災被災地がんばれ!


----------
「片いなか・ハイスクール」連載第287回
<第2部:第6章 レソフィック宅の宴会(7):待ち合わせ>


学校が終わると、裕美子は一度家に帰ってシャワーを浴び、着替えをしてから家を出た。
前もって友達の家に泊まりに行くと言っていたのに、当日その準備をしているのを見るまで本気か信じられないでいた母親が、家を出る直前になってようやく本当だと悟り、

「待って!何かお土産でも持って行かなきゃ!」

と、何か包みでも用意しようとあたふたし始めたので、

「いいです。その様子じゃかえって普通と違っちゃって変なことしそうです」

そう言ってさっさと玄関へ向かった。
玄関で靴を履いていると

『Enter Enter MISSION...』

裕美子のケータイの着メロが鳴った。

「はい、小泉です。あ、ハウルさん。・・・駅のロータリーじゃなくて、駅前のスーパーですね?わかりました」

ハウルから待ち合わせ場所変更の電話だった。

「お、お小遣い、いる?」

スーパーと聞いて慌てて財布をガサゴソするお母さんだが、小銭しか入ってない。

「心配いりません。行ってきます」

ワタワタと慌てる母親と正反対に、裕美子は感情の起伏も薄く言うと外に出た。





スーパーには裕美子が真っ先に到着し、ついでカーラ、ほどなくハウルとクリスティンが一緒にやってきて全員が揃った。
みんな家でお風呂に入ってきたらしく、辺りにはほんわかとソープのいい匂いが漂っていた。

「ところでハウルは何て言って家出てきたの?」

みんなはハウルの家に泊まりに行くと言っているが、そうするとハウルはどうなるんだろうと疑問を持ったカーラである。

「私はしょっちゅうクリスティンの家に入り浸ってるから、家にいなければそっちって自動的になるの」
「そう言ってよく2人で外泊したわよねぇ」

カーラと裕美子が驚いて丸く開けた口を並べた。

「よく外泊してたの?クリスティンも?へ、へえ、2人とも意外と・・」

てっきり今回のように男の子の家に泊まりに行くようなことをやってたんだと思ったカーラだが、

「木の上で寝てみたり、草むらに鳥の巣みたいな寝床作ってみたり・・・。牧場の牧草小屋で寝た時は気持ちよかったねえ」

ニコニコと思い出話を話すクリスティンに、カーラは目も丸くなった。

『アロン君達に負けないアウトドアの達人だわ』

「て、てっきり男の子の家に行ったんだと思ってたわ」
「私の家に呼んだことはあるわよ」
「そしたらハウルったら、お風呂入ってるところ覗こうって言うのよ」

カーラ、今度は目が点になる。

「覗くのはだめだっていうから、正面切ってバーンってちゃんとドアから入ったじゃない」
「ま、まさかハウル、裸で?」
「なんであっちの裸見るのに、私が服脱がなきゃいけないのよ」

裕美子もカーラも目が点どころか点もなくなりそうである。

「おかげでクリスティンも生の男が見れてよかったねぇ」
「でも泣いて帰って行ったわよ~」

ひ、悲惨だ・・・
みんな今夜が心配になってきた。

「今日は女性として振る舞って下さいね・・」


次回「第2部:第6章 レソフィック宅の宴会(8):お買い物」へ続く!

前回のお話「第2部:第6章 レソフィック宅の宴会(6):会場の決定」


対応する第1部のお話「第1部:第9章 レソフィックの広報記事」
☆☆ 「片いなか・ハイスクール」目次 ☆☆



Copyright(c) 2009-2013 TSO All Rights Reserved




裕美子のケータイ、着信音がガルパンのエンディングになってるみたいですケド。


※片いなか・ハイスクール第2部は、第1部のエピソードを裏話なども交えながら本編のヒロイン裕美子の視点で振り返るものです。ぜひアロン目線の第1部のその部分と読み比べてみてください。「対応する第1部のお話」で飛ぶことができます。



ぽちっと応援してください。
にほんブログ村 小説ブログ 学園・青春小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村

nice!(10)  コメント(1) 
共通テーマ:コミック

nice! 10

コメント 1

TSO

CROSTONさん、タッチおじさんさん、ネオ・アッキーさん、F−USAさん、(。・_・。)2kさん、くらいふさん、いっぷくさん、hiroさん、yamさん、bitさん、niceありがとうございます。

by TSO (2013-05-01 02:08) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。


☆☆ 災害時 安否確認 ☆☆




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。